2010年11月04日

ALI PROJECT TOUR 2010「汎新日本主義」東京国際フォーラム

 神戸のレポもまだだけど、先にこっち行こう。
 11月3日に東京国際フォーラムで開催されたアリプロのコンサートツアー『汎新日本主義』のファイナル公演に行って参りました。
 今回は出勤するのと同じくらい近い会場だったので、気分的にも余裕。例によって憶えてる範囲でセットリスト共に感想など。
 『刀と鞘』
 『亂世エロイカ』
 『四神獣飼い殺し』
 今回の衣装は花魁地獄太夫。
 アリカ様は毎回コンサート衣装を創る時に、河鍋暁斎の画集を覧せながら「こういうのがやりたい」と説明するのだそうな。ああ、なんか解る。暁斎だよなぁ、アリカ様の地獄太夫。
 狩野正信のような正統派には行けないが、曾我蕭白は難しい──みたいな事も言ってたかな。
 引き続き花魁衣装の似合う曲で。
 『雪華懺悔心中』
 『六道輪廻サバイバル』
 ところでアリカ様、今回のアルバムを作っている最中に両腕が余りにも痛み始め、殿に言われて珍しく医者にも行って薬も呑んでいたが治らなかったのだそうな。で、ある時に旧い知人にお祓いをしてもらったらあっさり痛みが引いたのだという……。その人曰く「花魁やったからよ」だそうなのだが。
 次も久しぶりの曲で『阿修羅姫』。

 『この國よ静かに目覚めたまえ』

 アリカ様、衣装替えで迷彩服で登場。
 『SENGOKU GIRL』
 『平成日本残酷物語』
 ここだったかな? 『四神獣飼い殺し』ではドラァグのおネエ様方が朱雀白虎玄武青龍の仮面をそれぞれつけていたらしい。が、言い忘れてしまった──といった話。DVDで確認してほしいとも。
 『腕 かいな』
 日本国旗ありますね……というアリカ様の意味深な発言の後、『愛と誠』。
 ここで(もしかしたらもっと前だったかもだけど)、コンサートDVDが発売になる予定だが、『君が代』関連の曲全カットと日本国旗を振り回した『愛と誠』は全てカットになる事、そしてカットになるけど今日はPerfumeのコンサートが別の場所でやっていてお偉いさんはみんなそっちに行ってるのを良い事に『君が代』歌います──といった旨のお話も。
 徳間ジャパンは忌野清志郎(聞き間違えたかな? 実際、忌野清志郎って徳間ジャパン所属じゃないんだよね。)の時の『君が代』を収録したCDの回収騒ぎ等があって神経質になっている──といった話なども。とにかく、日本では国歌を歌ってはいけないという事に対して大変に憤慨なさっておりました。
 あと、オリンピックが嫌いだとも。何故ならオリンピックは戦争の代わりだから──と。私も五輪は絶賛戦争の代替手段だと思ってるんで、逆にフィギュアスケートでも普段の世界選手権とは段違いに発言が過激になる訳だけど。(笑)選手達の事も戦争に送り出すつもりで応援してるしな。
 歌詞を間違えないように気をつけなくては──と言いつつ『帝都乙女決死隊』。
『帝都乙女決死隊』は通常版のみの収録曲。初回版は同じ曲で別の歌詞の『四神獣飼い殺し』だったのでした。
 そして『神風』。

 今度の衣装替えタイムはバックステージ映像。バイオリニスト達が揃って「尖閣諸島」とか「竹島」とか連呼するシーンは爆笑。でも、神戸の片倉さんのトークが殆どカットで残念。この時のトーク内容は後で神戸のレポ上げる時にでも。

 皆さん再登場後は振り付け講座。やっぱり難しくてできない私。踊りに関してはセンスが全くないのであった。
 『亡國覚醒カタルシス』
 『絶國TEMPEST』
 『髑髏ヶ城の巫女達は永遠に現世の夢を見る』
 前回アルバムの『処女懐胎、あるいは白骨塔より少女達は飛翔する』は西洋の城。今回の『髑髏ヶ城の巫女達は永遠に現世の夢を見る』は日本の城だとのお話。アリカ様にとっての日本の城は子供の頃の庭だった熊本城。
 片倉さんの音楽には東芝EMI時代から城が思い浮かぶといった評価があった。片倉さんのご家庭はお母様がクラシック大好きで、ピアノも習っていて、片倉さん自身が所謂お坊ちゃま。子供の頃からお城の写真集なんかも観てて、そういった素養が今のアリプロの音楽を作ってるといったお話。城のイメージは東芝時代の方が強かったといったニュアンスの事も言ってたかな。
 再登場後の衣装は、純白ドレス。スカートに大きめな緋の水玉。日本国旗のイメージ。最初の三曲が終わるまで天使の羽付けてたかな。冠はお雛様の三人官女のものだそう。
 そして次の曲の繋ぎに、神戸の打ち上げで来春フランスに留学する青年に出逢った話。
 『巴里と画家と女』
 旧い曲だが、今回のツアーではずっと唄ってるとのことで、『戦争と平和』。
 『平和の因子』
 『君が代』
『平和の因子』の最後の伴奏と共に(神戸の時のように)「皆さん、ありがとう」と来るかと思ったら、曲が終わらない内に唐突に『この國よ静かに目覚めたまえ』が割り込んで来て、そのままステージセットが背景一面の十六条旭日旗に切り替わり、アリカ様『君が代』熱唱……。
 『君が代』が歌い終わった時には、先走って拍手しそうになってしまいましたよ。何しろ私、開演1時間ちょっと前にこんな事言ってましたからね。

 ここからはアンコール。
 『鹿鳴館ブギウギ』
 歌謡ショウのような衣装で登場したアリカ様。最後に「まだアルバムから歌ってない曲がありますね」と「この曲は私も好きだ」と仰って『東方憧憬未見聞録』。 『東方憧憬未見聞録』ではドラァグのおネエ様方も登場したのですが、衣装がまた凄かった。(笑)その衣装でコンサート終了後の物販エリアにもいらっしゃってましたが、元々ガタイが良いので、大変にインパクトがありました。
 最後は『暗黒サイケデリック』。アリアリポンチカのミニ版(なんか色々違う気がする……。)とダンサーのお姉様方とドラァグのおネエ様方で大変に華やかな舞台でした。しかし、ミニアリカ様みたいな人達って女の子じゃないのかな……。

 最後にカーテンコールのような形でいつもの4人とドラァグのおネエ様方が出てきて、幾つかお知らせ。
 次のアルバムはベスト盤になる予定。(レコード会社についてはお話してませんでした。)来年の夏前に月光ソワレ。オリジナルアルバムはその後になるのでコンサートツアーは年末か年明け──などなど。
 これからも辞めろと言われても続けると。

 あとタイミング忘れちゃったけど、今度NHKの番組に出る旨の発表も。夏のアニメロライブのMCで(丁度『刀と鞘』が発売になったばかりだったので)みんな1人1枚買って帰ってくれればオリコンに登場して、愚民愚衆共にアリプロの音楽を聴かせることができるのだから買って帰れ──みたいな事をお話したら、NHKのご担当の方が「愚民愚衆共に音楽を聴かせてください」とのオファーがあったのだそうな。スゲェ……。

 それにしても今回のコンサートのDVD、すっごく愉しみです。どれくらいカットされるのかが見物。(笑)国歌賛美と見做される部分が全部カットなら、登場シーン、衣装替えの際の『この國よ静かに目覚めたまえ』、日本国旗振り回した『愛と誠』(因みに他の公演では日本国旗ではなく十六条旭日旗だったようなのだ。神戸もそうだった。個人的には国旗より旭日旗の方が軍事的なイメージが強くて印象悪い気がするけどね。)と『君が代』全てがカットなので意味解らない事になりそうだけど……。最初と最後がないコンサートDVDとかどうなんだろう。
posted by HOSHINA Shiho at 02:02| Comment(3) | TrackBack(1) | ALI PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、
今回も素晴らしいパフォーマンスでしたね。自分もレポートを書きましたのでみてやってください。

では、トラバもさせていただきました。
Posted by t_dragon_2000 at 2010年11月05日 18:39
>t_dragon_2000さま
はじめまして。ご来訪ありがとうございます。

今回は殊に素晴らしいパフォーマンスでしたね!
本当に君が代を歌うとは流石に思っていなかったので
感動してしまいました。
トラバもありがとうございます。またよろしくお願いします!
Posted by しほ。 at 2010年11月06日 22:05
志穂が留学したの?
Posted by BlogPetのねりな at 2010年11月27日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ALI PROJECT tour 2010 汎新日本主義 東京 ライブレポート
Excerpt: [アリプロジェクト] ブログ村キーワード ライブに行ってきましたのでレポートをば。 東京駅で、荷物をコインロッカーに入れ身軽になって出陣。 まずは、開演待ち、国際フォーラムでゴスロリ..
Weblog: 妖精帝國 臣民コンソーシアム
Tracked: 2010-11-05 18:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。