2009年12月24日

Ken's Bar 2009 Winter

 twitter始めてしまうと、どうもブログに書く前につぶやきまくって落ち着いてしまう傾向があるな──ってそんな話、どっかの社長も言ってたね。瞬間考えた事をメモ代わりに留めておくには丁度良いツールなんだけど、どうもそこでガス抜きできてしまう所為か、なかなか文章書けなくなる。
 という訳で、何だか凄く久し振りの更新ですが『Ken's Bar 2009 Winter』に行って参りましたよ。
 23日の午前中は取り急ぎ、Ленаさんemikoさんに連結作業の完了した鶴をお渡しして一度帰宅。(12月の更新頻度が極度に落ちていたのは、鶴関連作業の所為もあるな。笑)そして一度化粧を全部落としてベースから作り直して、髪巻いて衣装替えてさいたまスーパーアリーナへ。

 イベント全体のオペレーションについては、観客動員数2万7千人だけあってもう……酷かった。(笑)グッズ列にしてもドリンク列にしてもトイレ列にしても、とにかく列裁きの手際が悪く、人の流れが悪いから常に通路は混雑状態。一応ある程度想定して、かなり早めに会場入りしたのだけど、着席できたのは開始予定時刻の10分前という有様。休憩時間も相変わらずで、コンサート自体は良かったんだけど場外がどうにも酷かった。う〜ん。
 とはいえ、堅ちゃんの方は至って調子が良さそうで、今回のイベントでは声の伸びなんかも良好だったし、曲が始まってからの唄い直しもこれといってなく、MCがアレなのはともかくとして、凄く愉しいライヴとなりました。
 例によって、セットリスト共に感想を。

 『Silent Night(きよしこの夜)』
 『The Glory Days』
 クリスマス・イヴ・イヴ&エンペラーズ・バースディ(原文ママ)という事で、スタートはクリスマスソングから。MCでは、『きよしこの夜』の紹介の際には氷川きよしの物真似、『The Glory Days』の紹介ではMISIAの物真似をしつつ、ドラマの「JIN -仁-」に触れて、時代劇がどうもちゃんと観られないといった内容の話。因みに更に後のコンサートグッズ紹介では、宇多田ヒカルの物真似もやったのですが……。幾らピンク色の箱入りだったからって、サクマドロップと『SAKURAドロップス』って親父ギャグ的にもどうよ……。
 『楽園』
 『CANDY』
『楽園』は来年の1月で10周年なのだとか。もうそんなか……。堅ちゃんにとっても転機になった曲という事で、久し振りに歌ってくれました。私の場合は、運良く去年の10月に聴いているのですが、やっぱりこの曲大好き。当時の事も思い出すしね。
『CANDY』は曲だけ聴いてると余り気にならないけど、目の前で唄われると非常に歌い難そうな曲だな、と。因みに堅ちゃん曰く、新曲を出すと必ず親族から何かしら連絡が来るのに、この曲に関しては誰も何も言ってこなかったらしい……。後に『僕は君に恋をする』を出した時点で、お母様から今回のは良い曲だとご連絡があったとか。(笑)まぁね、コメントし辛いよね。
 『関白宣言』
 『STAR』
 さだまさしの『関白宣言』は、私なんぞはリアルタイムでは知らず、中学生になってから昭和歌謡として知ったクチ(当時「女性版関白宣言」と呼ばれた曲が流行ったので、その元ネタとして知ったのだ)なのですが、この曲堅ちゃんが歌うと凄くこう……撃たれる。(笑)グッと来ます。
 MCでは、堅ちゃんが子供の頃、この曲がベストテンで流れる度に、お母様が過剰反応していたといったお話。とにかく「浮気は〜」のくだりが流れる度に「さだまさしって何様なの!」と怒っていらしのだとか。『STAR』に関しては、この曲を創ったのが丁度大学を卒業する頃で、当時の仲間とこの秋に久し振りに逢ったといったお話で、仲間達は当時と変わってないのに当時のままじゃないといった、何とも懐かしくて切ない感覚があってこの曲を選んだとの事。
 第一部の最後は『哀歌 (エレジー)』。この曲、本当に歌詞が好きだ。デンスタが滑った曲としても憶えているけれど、歌詞と言い曲と言い堪らん。具合悪くなりたい時にあえて聴きたい。(笑)

 第二部の最初は例によって盛り上がる曲でスタート。
 『POP STAR』
 『メリー・ゴー・ラウンド・ハイウェイ』
『メリー・ゴー・ラウンド・ハイウェイ』は随分前の曲という事で、知名度のなさを嘆いてました。10年以上前で、シングルカットもされてない曲だと難しいよね、うん。
 『Black bird』
 『思秋期』
 堅ちゃんはビートルズに余り影響を受けていないのだと言う。でも、バイトではビートルズの曲を専門で歌う歌い手だったのだとか。(何か矛盾してるような。)曰く、堅ちゃん世代より上になると、とにかくビートルズの影響を受けているらしいのだけど、堅ちゃん世代になるとその影響も然程なくなってきて、更に下になると最初に聴いた洋楽はマライヤ・キャリーなんて世代になってくる──なんて話をしてたかな。という訳でビートルズの『Black bird』。『思秋期』は岩崎宏美の曲なんだそうで、これすっごく良かったんだけど、堅ちゃんは歌詞に突っ込み入れまくってたなぁ。当時は十代にこんな三十代の女性が歌うような歌詞の曲歌わせていて、みたいな事にも言及してて。
 『瞳をとじて』
 『KISS OF LIFE』
 この辺りは定番曲ですね。来ると安心する。
 第二部の〆は『僕は君に恋をする』。
 そしてアンコールでは、会場の真ん中のポインセチアで囲まれたステージの上で、ピアノの弾き語りで『Half of me』。
 アンコールも曲そのものは普通に良かったんだけど、唄い終わった堅ちゃんが会場から出て行く時に、出入り口のところに譜面台があって、そこに真っ白な紙が置いてあって。
 そこに堅ちゃんが「Sing Forever」と書いた時には相当撃たれました。だって、いっつも「これ終わったら辞める」みたいな事言ってるからさ。(苦笑)信じて良いのか、信じるぞ?
 という事で今年最後のコンサート、愉しかったです。来年は堅ちゃんデビュー15周年という事で、諸々期待。
posted by HOSHINA Shiho at 02:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 平井堅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。音楽のことですか。こちらも音楽関係の公演をご紹介いたします。ニューヨークを拠点として、全世界を舞台としている芸術団です。詳細はホームページをご参考ください。http://www.ticket-online.jp/home/
現代芸術界の奇跡とも目される「米国神韻芸術団」の2009年世界ツアーはアジア、アメリカ、オーストラリアの100都市で、300回の公演が行われ、称賛のうちに100万人もの方々がご来場されました。
2010年日本公演スケジュールはこちら:http://www.ticket-online.jp/home/index.php?main_page=page&id=3
有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html
作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)の絶賛
世界的チェロ奏者で作曲家でもある平井丈一朗氏の称賛
演技派俳優・村田雄浩氏の評価
日本映画ビジュアルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏の評価
人間国宝の善竹十郎氏の評価
デヴィ夫人の評価
Posted by ちょう at 2009年12月24日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。