2009年11月23日

ニッポン放送 presents TOKYO VISUAL FESTIVAL "+1"

 22日のTVFに行って参りました。勿論お目当ては ALI PROJECT ですが、Alice Nine も観たかったし、開場も渋谷のC.C.Lemonホールで遠くもなかったので何となく遊びに行った──というのが一番近いでしょうか。
 アリプロのセットリストは以下の通り。(多分)
 『愛と誠』『墮天國宣戦』『阿芙蓉寝台』『Poisoner』『亡國覚醒カタルシス』『跪いて足をお嘗め』『お毒味LADY』『暗黒サイケデリック』『裸々イヴ新世紀』
 個人的には、今年聴いた一連のイベントの中で、一番アリカ様の声の調子が良さそうだったな、と。ただ、今回のイベントはアーティスト数少ない上に、興味ないアーティストの時には席を立っちゃう子も多かったから、先のV-ROCKの時にこの声で唄ってもらえた方が、ファンとしては嬉しかったかな、と。何故なら、V-ROCKの時は1日中常に2組以上が唄ってた訳で、アリプロのステージを観に来た人は、やっぱりアリプロが好きだったり興味があったりする人だったのですね。あのイベントはトイレとか列んじゃうと30分くらいは潰れちゃってたし、そういう状況の中で特定のアーティストを観に来ている人というのは、やっぱりあんまり厭な態度取らない。でも、今回はホント、グッズ列でも厭な中傷も聞いたし、(ファンとは判らない状態とは言え、そのイベントに来ていたアーティストの批判をイベント会場で繰り広げるのはどうよ?と思うが、そこはやっぱり若者だから仕方がない。歳行って同じ事やってたら人としてマズイけど。)元々アリプロのコンサートは当然のように着席スタイルなので、全体的に浮いていて微妙な印象でした。もっとも、今回かなり良席で観ていたので、どのアーティストもそれなりに愉しめましたが。
 でもってMCの方は歌詞の紹介(アリプロの歌詞難しいから……。)、あと来年ランティスから出るベストアルバムの話とその初回限定のPV映像の話、それからメンバ紹介。
 特に皆さん興味があるのはベストアルバムのPVの話だと思いますが、『跪いて足をお嘗め』のPV映像を撮りなおしたのだそうで、その映像がかなり濃厚なのだとか。といっても18禁にはできないからその(濃厚な)映像使われないかも、とも仰ってました。
 ライヴ終了後のトークタイムでは、特にこれといって面白い話はなかったかと思うのですが、会場で販売されていた限定ペーパー(通常のイベントではパンフレットにあたるもの)を読んだところ、ご両親が画家だとか、現在のお部屋の様子とか、今まで知らなかった事も書いてあったので、こっちの方が面白かったかな、と。

 イベント全体的には微妙な印象でしたが、まぁアリプロライヴという意味では愉しかったかな。因みに殿は相変わらず喋りませんでした。残念。
posted by HOSHINA Shiho at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ALI PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私にとっては最低なイベントでした。アリプロがでてきたら、会場はしらけ、私の周りでは、アリカさまの悪口、トイレへ行く人・寝る人多数でした。正直、休憩時間に使われていましたね。
屈辱的でした。
Posted by 蘭 at 2009年11月24日 07:21
>蘭さま
 初めまして。
 確かにファンとしては余り良い気分のしないイベントでしたね。あのパタンでまた開催されたら私も行かないと思います。色々ない意味で居た堪れないし。
Posted by 志穂。 at 2009年11月29日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133736322

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。