2009年10月31日

ALI PROJECT - V-ROCK FESTIVAL'09

 アリプロファンがディファ有明に集っている間にこっそり更新。(笑)という訳で24日に幕張メッセでやっていたV-ROCKフェスに行って参りましたよ。目的は勿論アリプロジェクト──だけど、基本ロック嫌いじゃないので、概ね誰を見ても楽しめる事前提に11,000円のチケット購入。因みにアリプロの実質的な持ち時間は30分程度です。
 とは言え当日は完全に体調を崩していて(実は今も引き続き風邪が治っていないのだ。)、朝から参戦するつもりが実際のところは本当にアリプロ併せの行動スケジュール。家を出たのもぎりぎりで、アリプロ開始の5分前に会場に入ったくらいの勢いでした。
 セットリストは下記の通り。
 『地獄の門』『わが臈たし悪の華』『亡國覚醒カタルシス』『聖少女領域』『裸々イヴ新世紀』
 一応ステージには幕があったのですが、開始5分前になると隣(厳密に言うと左サイド)で行われているステージが終わって、ヴァイオリンの音合わせの演奏が聞こえてきて、その後男性の声(幕が降りていて誰の声だか判らず……。)でマイクテスト?
 アリプロは男性ヴォーカルがいないはず──と、一瞬ステージ間違えたかと思ったけど、例によって『舞踏蜘蛛ミッドナイト』が響き渡り定刻どおりに開幕。コンサートツアー同様に『地獄の門』から始まったのでした。因みに今回のアリカ様とドラァグクイーンの方々の衣装は多分ヘルズマリア。
 MCで印象に残ったのは……アリカ様が首都高逆走したって言ってたかな……。あと、「アニメソングの定義が『元気が出る音楽(『人を元気にする音楽』だったかな?)』であるのだとすれば、アリプロの音楽はアニソンではない」「私は音楽は思考するものだと思っている」といった旨のお話をされてました。
 あと、最初の方はアリカ様かなり声を出しずらそうで、ここのところコンサートの度に「『地獄の門』のシンセの音が聴こえない」と言っている私ですが、今回はすっごくきちんとシンセが聴こえていた……というか、アリカ様のお声が聴き取り難かった。
 あと、『裸々イヴ新世紀』の時のワイパー率が予想以上に少なくて、「ああ、これってフェスなのね」みたいな。悪い意味じゃなくて、アリプロファン以外の人もいっぱい観てるんだなぁ、という印象を受けました。
 因みに今日のハロウィンパーティでは『墮天國宣戦』もやるかも知れないと仰ってました。あと11月のフェスでは Alice Nine とのコラボとの事。こちらも渋谷で幕張よりは遙かに近いので行ってこようかと思ってます。

 体調の悪さも相まって、あとは Plastic Tree と D'espairs Ray だけ観て帰ってきました。勿論この後は体調更に悪化しましたが、これはこれで結構愉しかったです。

 さて。10月は殆ど更新できませんでしたが、遅ばせながら11日のオンリーイベントでお訪ね戴いた皆様、どうもありがとうございました。あの時期スケジュールが酷くて(自分で遊ぶ予定入れたんだろ。)苦しい日々でしたが、新刊も出たし個人的には本当に娯しいオンリーでした。暫くはまたオフラインお休み予定ですが、また今後ともよろしくお願いします。
posted by HOSHINA Shiho at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ALI PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェス行きたかったなぁ〜
Posted by アニメ伊藤 at 2009年10月31日 21:52
>アニメ伊藤さま
11月のフェスも良いかもしれませんよ。(笑)
Posted by 志穂。 at 2009年10月31日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。