2009年10月05日

ALI PROJECT TOUR 2009「Poison 〜毒を食らわば皿まで〜」パシフィコ横浜

 10月4日は中秋の名月の翌日で、海に浮かぶ月が幻想的な、とても綺麗な夜でした……という訳で、大阪に引き続き横浜のツアーのレポートです。
 予想通り、何かもう大阪と違うコンサートだった……。(笑)大阪行っといて良かったよ。そんな感じで、早速セットリストいきます。
 ところで、このコンサートツアーで最初にみんながステージに入ってくる時の音楽が凄く好きなんだけど、これってCDに収録されないのだろうか。相当格好良いと思うのだが。DVDだけかな……。どちらにしても振り付け練習しなきゃいけないからDVD買わなきゃなんだけど。

 アリカ様、御約束どおり西太后の衣装で登場。
 『地獄の門』
 『戦慄の子供たち』
 『わが臈たし悪の華』
 いきなり2曲目から違ってて驚きました。でもやっぱり、『わが臈たし悪の華』のシンセの音が小さい感じがした。『地獄の門』はばっちり聴こえたんだけど……。臈たし〜の変なベース運びが大好きなので、もっと大音響欲しかった。
 そしてここから数曲はチャイナ路線。例によって阿片に憧れがあるといった旨のお話と、そういったものを吸う人間は愚かである、またそういった愚かな人間を崇める大衆もまた愚かであるといった旨のお話。いきなり毒撒き散らし。(笑)
 『阿芙蓉寝台』
 『北京LOVERS』
 ここで『上海繚乱ロマンチカ』の歌詞の説明と、過去に創った中国語の歌詞がある歌を歌う──とのお話。それにしても『Dilettante』多い。(2曲だけど。)凄い。
 『上海繚乱ロマンチカ』
 『緋紅的牡丹』
 『discipline』(インスト)
 やっぱ第一ヴァイオリンはコンサートオリジナルっぽい。ここでアリカ様衣装替え。『POISON』のジャケット衣装みたいな服で再登場。
 『Poisoner』
 昔、皮の手袋に毒を染み込ませて殺す──という殺人方法があったのだそうで、この歌詞の最初は「君は同志だから殺さない」という意味だという旨のお話。あと、アリカ様の時代は国語の教科書に安部公房の作品が載っていたとの事で、多感な時期に公房のシュールな世界に触れられたのが良かったといったお話も。因みに私も国語の教科書の『赤い繭』はかなり驚いた記憶が。(「これ、国語の教科書でやっちゃう?」みたいな。)全然関係ないけど、今の国語の教科書には太宰治の『走れメロス』も載ってないらしいと聞いたのだが……。公房もメロスもない国語の教科書ってぶっちゃけ何書いてあるの? って感じが……まぁ、ゆとり教育ってそういうもんなんだろうけど……いいの、それで?
 『Animals on the Earth』
 『神風』
 今回のアルバムには大和ソングがないけれど、次回はやるといったお話あり。あと、コンサートで歌って欲しい曲のアンケート取ろうと思っているといったお話も。でも『ピアニィ・ピンク』が1位だったら歌いたくないとか……。しかし、みんな今となってはそれかなり聴きたいだろう。(笑)
 『暗黒天国』
 『極色一代女』
 ここで映像入ります。大阪の打ち上げの様子とか、福岡でのアリカ様のサプライズの御誕生パーティの様子など。でもやっぱり映像でも喋っていない殿……。
 アリカ様衣装替え。ワイヤー入りのパニエ──クリノリンと言うかな。その上にドレス穿いてたかな? シースルーで脚が観えていたので、遠目にはパニエかな……と思ったんだけど、そんな感じのふんわりとしたスカートの衣装。この衣装は大阪では着てなかった気がする。
 『処女懐胎、あるいは白骨塔より少女達は飛翔する』
 『亡骸の女』
 2曲連続で好きな曲が来たのと、そもそも『亡骸の女』を歌ってくれるとは全く思っていなかったので、暫くの間は何を歌っているのか判りませんでした。(笑)『処女懐胎、あるいは白骨塔より少女達は飛翔する』はやっぱりタイトルちょっと詰まってた……。でも、大阪の時より遙かに歌い易そうだった。そして処女懐胎〜の前奏はCDと同じバージョンになっていた。もしかして殿、大阪では間違えただけなのか……?
 アリカ様『亡骸の女』の歌詞に触れて曰く、アリプロの歌詞は意味が解らないという人もいるけれど、ちゃんと原体験があってのものであるという事。理解できる人には理解できるのだというお話。
 『お毒味LADY』
 『暗黒サイケデリック』
 『裸々イヴ新世紀』
 『お毒味LADY』では御約束のチョコ配ってました。『裸々イヴ新世紀』では振付というか、手をワイパーのように振る振りあり。これ、大阪のときあったっけ?
 ここでアリカ様、座ってステージの端近くにあるカンニング用のモニタを確認。メンバー紹介。片倉さんの事は「我が殿」とご紹介なさってましたね。
 『亡國覚醒カタルシス』
 『月蝕グランギニョル』
 『亡國覚醒カタルシス』は、今回新しい振付になってたけど、難しくて全然出来そうもない……。という訳で、多分V-ROCKでは突っ立って聴いてると思います私……。
 ここで、一度皆さん舞台から消えて、『墮天國宣戦』のプロモーション映像。アニメの方ではなく、アリプロジェクトの90秒サイズPV。
 PVが終わって、アリカ様は海賊と貴族とリボンの騎士をイメージした格好で登場。(う〜んと、『墮天國宣戦』の格好と似ているけど違うような格好。)
 『この國の向こうに』
 またしても「うわ、これやってくれると思わなかったよ」状態。これ聴きたい人いっぱいいるだろうに……横浜ラッキーだな。
 ここでアリカ様から『墮天國宣戦』とアニメ『戦う司書 The Book of Bantorra』の紹介。
 『墮天國宣戦』
 次の曲は振りがあるので、隣の人に迷惑かけても良いので(やりたい人は)やるように、とのお言葉。(笑)でも、座ってると結構色々縛りあって難しい。スタンディングだとやり易いんだけど。そんなラストの曲はいつもの御約束。
 『未來のイヴ』

 あと、タイミング忘れちゃったけど憶えてるMCは、アリカ様の座右の銘は「毒を食らわば皿まで」と、好きな言葉として「目には目を歯には歯を」。やられたらやり返せの精神で、男子は売られた喧嘩は必ず買え、とのお話。
 それから、来年の春頃にまた『月光ソワレ』をやるというお話と、次は『地獄太夫』をやりたいとのお話。西太后やったら次はやっぱりそれだよね。(笑)
 あと、今月14日(?)にアニマックスの携帯サイトを乗っ取るとか。

 それにしても、結局殿が喋らなかったよ……。大阪と横浜以外は話したらしいので、私のセレクトじゃ殿の御声を聴く事叶わず。残念。
 個人的にはスタンディングの方が盛り上がり易くて良いなぁと思いつつ、横浜もスペシャルバージョンで大変良かったです。来年も2回行かなきゃいけないような気がしてきた。(笑)大丈夫か私。
posted by HOSHINA Shiho at 21:55| Comment(3) | TrackBack(1) | ALI PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
志穂が練習するの?
Posted by BlogPetのねりな at 2009年10月07日 14:11
朝早くからすみません(汗)
私も横浜行きましたよ(^O^)
最高でした!!
メンバーが入ってくる時の曲は怪物王女というアニメのサントラの舞踏蜘蛛ミッドナイトという曲で怪物王女のサントラCDに収録されていますよ(^o^)
よろしければ参考まで…
Posted by 水姫 at 2009年10月18日 06:45
>水姫さま
 ご来訪ありがとうございます。そして、メンバーの登場曲の情報ありがとうございます! あれは怪物女王の曲なのですね。アニメの名前は知っていたのですが、一度も見た事がありませんでした。
 ちょっと調べてみたら、怪物女王のサントラはすべてアリプロと片倉さん(ある意味同じだけど)が作曲なのも判ったので、買ってみようと思います。これもこれで品薄のようですが……。
Posted by 志穂。 at 2009年10月19日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129576442

この記事へのトラックバック

純情ロマンチカ 〜恋のドキドキ大作戦〜
Excerpt: 純情ロマンチカ 〜恋のドキドキ大作戦〜の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「純情ロマンチカ 〜恋のドキドキ大作戦〜」へ!
Weblog: 純情ロマンチカ 〜恋のドキドキ大作戦〜
Tracked: 2009-10-06 05:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。