2009年10月04日

かぶちゃん農園 Presents カーニバル・オン・アイス 2009

 そんな感じで(どんな感じだ。)、今年も行って参りました。ジャパンオープン2009カーニバル・オン・アイス 2009。とりあえずJOの感想は後から書けたらという事で、例によって夜のガラの方が魅力的だったので、先にこっちの感想を書いてしまおうかと。(笑)
 今年も、滑走順に憶えている範囲でざっくり感想を書こうと思うのですが、(今回は滑走順の張り出しがなかったので)もしからしたら順番ちょっと間違ってるかも。違っていたらごめんなさい。というか教えてください……。
 それにしても今回、ライティングはいつもの通り凝ってて本当に素敵だったのだけど、如何せん音が入るタイミングが早過ぎて。選手がまだポジション取りしてない段階で音楽が始まってしまう事が多くて、ラウラ・レピストや安藤美姫に至っては途中で音楽停めて最初からやり直す事になってしまったりして、その辺りが大変微妙でした。
 あと、全然関係ないですが、イベント開始前、客席から拍手が湧いたので、何かと思ってそちらの方に視線をやると、何とタチアナ・タラソワコーチが観客席に入ってきたところでした。勿論、私も拍手。(笑)ホント、タラソワコーチよく来てくれたよねぇ。そんな場外のプチイベントもあったりしつつ、時間を少しだけ遅れてガラ開始。

 オープニングを経て最初は小塚崇彦から。衣装を脱ぐプロだったのですが、脱ぎ慣れていないなぁ──と。(笑)そっちが気になって仕方なかった。
 ベアトリサ・リャン。ごめんなさい、余り憶えてない……。
 本田武史。最早今年の定番『ハナミズキ』。このプロ観るの何度目だ──とも思うんだけど、本田がプロになってからのプロでは一番印象に残ってる気がする。
 エレーナ・グレボワ。上でも少し書いたけど、ポジション取る前に音楽が始まってしまって可哀想だった。そのまま流れるように滑り出してたけど、そういう意味では完全なプロは観られなかったなぁ、と。個人的には、フリーのプロよりこっちのプロが好きです。
 サミュエル・コンテスティ。コミカル? と完全には言い切れないけど、比較的コミカルなプロではあるかな。昼の試合はイマイチだと思ったけれど、こうやってエキシビションを観ると、流石「台風の目」の徒名が付いただけあるなぁ、と。やっぱり試合で一番最初の滑走って緊張するよね。ところでイタリアの選手なら、他にカレル・ゼレンカが思い当たるのだけど、彼はどうしているんだろう。
 中野友加里は『オペラ座の怪人』。ライティングも相まって本当に素敵だった。こういう雰囲気、彼女に合ってると思います。
 織田信成。ライティングが強烈な緑色でそっちに印象を奪われてしまいました。
 ラウラ・レピストはリボンを持って新体操のように滑るプロ。彼女は、グランプリシリーズで最初に見た時のイメージが「なんか随分おっかない顔してるなぁ」だったので、今のように笑顔で愛らしい印象に変わったのが少し驚き。それにしても、彼女の時もポジション取りの前に音楽が始まってしまって、途中でやり直しになってしまったのが……微妙でした。
 高橋大輔は今期のショートプログラム『アイ』。仕上がり上々。これなら試合に出てみても良かったんじゃないかって思うくらい。
 荒川静香は『ユー・レイズ・ミー・アップ』。五輪シーズンに併せてこれを持ってくると、オンシーズンに向けて期待が膨らみます。いや、彼女が試合に出る訳ではないのですが。

 休憩を挟んで第二部はアレクセイ・ヤグディンから『ルナ』。ところでヤグディン、オープニングいなかったような……。いなかったよね? 余り良い席を取らなかったので、はっきり判らなかったんだけど……。
 ジョアニー・ロシェット。彼女は何でも滑れるよねぇ……。曲名までは知らないのだけど(きっとテレビ放映があるだろう。)こういうポップな曲も、フリーのサムデリも、10月の段階でこれだけの仕上がりで滑りこなしているのを観ると、本当に今シーズン、彼女大活躍しそうだなぁ。
 ジェレミー・アボット。何となく、普通のプロだなぁ、と。ごめんなさい、凄く失礼な言い方なんだけど。ただ、アメリカの覇権争いをしている選手たちって、もっとエキシビションの時のアピールが強烈なので、彼らの個性に埋もれてしまいそうだなぁ──なんて。全然嫌いではないのですが。
 浅田真央は扇子を持って『カプリース』。彼女もこういう曲がハマるようになったんだなぁ──と。ジュニアの頃から知っている選手だし、何となくピョコピョコジャンプを跳んじゃうイメージもずっと抜けなかったから、こういうのを良い雰囲気で滑れるようになってきたのだと思うと、成長を感じる。まだまだ表現力とかは難しいところもあるけれど、今回はかなり良かったと思う。
 ジェフリー・バトルは『パーソナル・ジーザス』。金髪じゃないジェフリー・バトルというのは、個人的にはそれだけで意外性もあったりするのですが、プロになってからも、あの流れるような美しいスケーティングは健在。最高。あ、関係ないですが、今回イベント会場で売っていた彼の写真集は、サイン本を購入することができました。嬉しい。
 安藤は『夜の女王』という曲? 仕上がりはそんなに悪くないと思う。色々と賛否両論のようですが、個人的にはヘアスタイルも華やかで好みだし、衣装も好きです。彼女は今シーズン期待している選手の一人。
 ステファン・ランビエールはDOIでも観た『Ne Me Quitte Pas』。とは言え、DOIの時はこうやって競技に復帰するとは思わなかったから、何だかとても辛い気がしたのだけど、今になってみると、なんか──快感。(笑)因みにアンコールでショートプログラムの『ウイリアム・テル』やってくれました! 仕上がり良いです。もう今期はネーベルホルン杯出てるから、当然だけど! 五輪が楽しみだよ〜!

 毎年このガラは本当に楽しみです。見応えもあるし。
 しかも今年は五輪シーズンだしで、終わった後は色々な意味で今シーズンへの期待で胸が膨らみました。本当に楽しみです。という事で、JOの方の感想は後で書けたら。


posted by HOSHINA Shiho at 16:52| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギュアスケート2009-2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今日16時〜フィギュア・スケートの祭典「カーニバル・オン・アイス」放送。見どころはココ!
Excerpt: 昨日、さいたまアリーナで今季のフィギュア・スケートの立ち上がりのイベントが2連発で。 その2つは3カ国対抗戦の「ジャパンオープン」と、フィギュア・スケートの祭典「カーニバル・オン・アイス」 「ジャパ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2009-10-05 03:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。