2011年08月29日

SUNSTAR VO5 presents J-WAVE LIVE 2000+11

 順番が完全に逆だが、こっちも忘れない内に。
 今年は Ora2 presents じゃないんだな等と驚きつつも、例によって既に毎年恒例と化している国立代々木競技場第一体育館で開催された『J-WAVE LIVE 2000+11』に行って参りました。
 目的はやはり例によって平井堅──ということで20日の回に行って来たのですが、その日は21時半から別のイベントも控えており、「平井堅が目的で、でも例年の傾向からして堅ちゃんがラストって事は絶対にないんだけど、スガシカオかユニコーンがラストがラストなのは間違い無いとして、どちらにしても例年の傾向からして最後まで観られないのは間違いないしどうしよう」といった微妙な心境のまま会場へ。
 出演アーティストはこんな感じ。正直、20日は極端に濃いと思いました。チケットも争奪戦の予感がしてかなり頑張って獲ったんです。(笑)

 各アーティストのセットリストは公式サイトにも出ているので、ここは例によって堅ちゃんのリストだけ。ステージはピアノとギターのみのシンプルな構成。堅ちゃん曰く、低予算。

 『いとしき日々よ』
 『お願いジュリー☆』
 ここで長めのMC。数年振りに長いお休みが貰えたので、中東(トルコ)に旅行に行って来たというお話。えーと、内容をざっくりまとめるとワキガとうんこ。もうちょっと詳しく話すと、トルコに行くとみんな顔が濃いから自分が浮いて見えない、どこを観ても平井堅。電車の中の体臭が凄かったが慣れた。ナンプラーの香りが最初は臭くてでも慣れた、といったような話でした。(笑)しかし、このMCで会場を思い切り笑わせておきつつ、いきなり次の曲がシリアスだった為、場内やや置いてかれた感が。
 いや、ホントあの話の後でよくもまぁシリアスに唄えるものだなぁ、と……。
 『思いがかさなるその前に…』
 『LOVE OR LUST』
 『POP STAR』
 そう言えば、『POP STAR』の時は、堅ちゃんがステージ上かなり動いていたので、マイクのコードが絡まないようにスタッフさんがステージでごちゃごちゃやっていて、そっちがとっても気になってしまいました。TV放映される時はこの辺りは出ないんだろうけど。なんか歌ってる本人より目立ってると思った。
 『僕は君に恋をする』

 植村花菜はアコースティックギター1本だけの構成だったから別として、ナオト・インティライミ、吉井和哉、ユニコーンと頑張って暴れながら聴きました。(笑)あと、休憩時間に相馬高校の生徒さんが出てきたのは驚いたよ!

 結局、ラストのスガシカオは『午後のパレード』だけしか聴けなくて、それだけはとっても残念でしたが、でもでも今年の J-WAVE LIVE もとっても愉しかったです。堅ちゃんが出るという事で、毎年唯一通ってる夏フェスなので来年も是非! 堅ちゃんゲストで、お願いします!
posted by HOSHINA Shiho at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 平井堅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

サンライズフェスティバル2011夏嵐 ライジンオーナイト!

 この夏はイベントがあり過ぎて、正直もう何をどう書いたら良いか判らないくらいなんだけど、だからといって折角遊びに行っている以上書かないのも悔しいので、あくまで自分の備忘録として、自分が後で読んで幸せになれる範囲内で、ここも少しずつ更新していこうかと。うん、前にもそんな事書いたな。
 なんだか結局twitterのログから過去の記憶を掘り起こす感じになりそうだけど。

 さて。

 今回のレポは言わずもがなのサンフェス。と言っても、情報の波に乗り遅れていた駄目な私は、去年の夏冬のサンフェスは全然行ってないんだけど、今年は頑張って何日か行って参りましたよ。まだ行く予定だけど。
 今のところ今回のサンフェスで脚を運んでいるのは、10日の『魔動王グランゾート』(1話『魔法の月から顔が出た!』・33話『この花はオレンダ!』・35話『ふしぎコンビ行きます』・41話『ただいま!お母さん』)、11日の『魔神英雄伝ワタル2』(7話『砂の上のウミヒコ』・17話『龍神丸 宇宙へ行く!』・32話『ヒミコの夢はどんな夢?』・46話『そして、虹の彼方で』)、そして20日の『絶対無敵ライジンオー』。ライジンオーについては詳細後ほど。因みに31日のライジンオーも観に行く方向で調整中だ。本当はこっちはパスしようかと思ってたんだけど、20日のオールナイトが愉しすぎて、やっぱり観ておこうって気分になったんだよね。

 で、20日は(こちらも後で更新予定なんだが)実は昼は J-WAVE LIVE に遊びに行っていて、そっちは結局ライジンオーナイトの開演に間に合うであろうギリギリまで愉しんで、途中で抜けて。
 んでもって大急ぎで、会場のテアトル新宿へダッシュ。結局、会場着が21時20分過ぎくらいだったかな。野暮用を済ませて開演ギリギリに場内に入るとそこには──オセッカイザーがいた。

 オセッカイザーは、この物語に出てくる邪悪獣(要は悪役)のひとりなんだけど。この邪悪獣、何だか妙に存在感があって、一話完結型のロボットアニメの、本当に一回切りしか出てこないキャラクターだった癖に(厳密に言うとOVAを入れれば2回は出てきてるんだけど話が長くなるから割愛)当時出たキャラクターソングでもクラスメイトの酒井ときえ(佐藤智恵さん)の歌でがっつり存在を主張していたし、何より当時、ユーメックス主催のイベントでは、脚本家の園田英樹さんがコスプレをして場内を走り回っていた。
 そうそう、園田さんは今回のイベントで「当時(18年前のイベント)の東京会場の参会者はオセッカイザーの存在は知らないはず」と仰ってましたが、東京会場でもめっちゃ走ってた記憶、ありますよ。私は当時中学生だから東京の昼公演しか観ていない(今のように「昼と夜の公演のチケットを両方獲る」とか「他の地方まで遊びに行く」みたいな知恵や行動力やお金はなかったのよね……。)けれど、ときえの歌に併せてメチャメチャ会場内走り回っていたオセッカイザーの記憶、しっかり残ってます。
 なので、正直会場で十数年振りにオセッカイザーを観た私の感想は「園田さん太ったな……」だったのでした。
 因みに更に言っておくと、ユーメックスのライジンオーのイベントは、本放映終了時、VOA1巻発売時、OVA2巻発売時(この時はゲストいなくて上映回だけだったはず。でもサイン色紙のプレゼントはあった。私は当たらなかったけどね)、OVA最終巻発売時と、行ける限り全ての東京の昼の回に遊びに行きました。当時はワタルとライジンオーのイベントが交互にあって、とても楽しかったな。

 本題に戻ろう。当日のプログラムはこんな感じ。以下、予定。

 21:00 開場
 21:30〜22:30 トークショー
 22:30〜22:55 1話 ライジンオー見参!
 22:55〜23:20 2話 ぼくたち地球防衛組
 23:20〜23:35 休憩
 23:35〜0:00 4話 お花畑を守りぬけ
 0:00〜0:25 9話 心のカビを吹き飛ばせ
 0:25〜0:50 11話 クッキーの悪夢
 0:50〜1:15 15話 マッハ9で飛べ!
 1:15〜1:30 休憩
 1:30〜1:55 16話 特訓なんかはね返せ!
 1:55〜2:20 22話 発進!無敵の戦士
 2:20〜2:45 23話 出た!超無敵合体!!
 2:45〜3:10 36話 邪悪獣は正義の味方!?
 3:10〜3:25 休憩
 3:25〜3:50 39話 おめでたいのは困り者
 3:50〜4:15 42話 学校の秘密を守れ!
 4:15〜4:40 49話 出現!ジャーク帝国
 4:40〜5:05 50話 皇帝ワルーサを倒せ!
 5:05〜5:30 51話 僕らの夢は絶対無敵! (最終回)

 まぁ結論から言うと、いきなり開演時間は押しました。場を繋いでくれたのは勿論我らがオセッカイザー。(笑) で、押したと言っても開始は10分も遅れてなかったと思ったんだけど──トークショーが終わった時点で、23時廻ってました。(笑)
 進行遅れの理由は、概ね日向仁役の松本梨香さんが自ら段取りを破壊しまくっていた所為だったのですが。
 トークショーはとても楽しくて、まず最初にトークショーの司会進行役としてコバヤシさん(すみません、漢字判らないや……。)が出てきて、「イベントが始まったらケータイを切るように」等といったようないわゆる諸注意を喋り始めたのですが、しかしそこはライジンオーのイベント。「迷惑」という言葉を使えない(笑)為、諸注意が最後まで喋れずにお茶を濁したままの状態でゲストの園田さん、松本さん、星山吼児役のまるたまりさんが登場。
 トークショーではお三方ともテンション高めに当時の事など色々お話ししてくださいました。因みに、「当時(18年〜19年前の)イベントに来たことある人!」の質問には、私なんぞは思いっきり手を挙げておりましたですよ。
 トークの内容は色々あったけれど、ムック本なんかを読んで元々知っていたお話もいっぱいあったし、それでも今になって聞くと色々思うところがあるなって話もありました。
 仁が「表の主人公」で吼児が「裏の主人公」であった事、それに関連して席順の話とか。
 松本さんが舞台女優から体調を崩された事で声優業を始めた事は知っていたけれど、仁を演っている最中に『ダ・ガーン』の星史(翌年に放映されることになる勇者シリーズの主役)の話が来た時にとても悩まれた事は初耳だったし。松本さんはその頃既にワタル3のノーザン・タイガーなんかも演ってたし、当時の(今もか)少年役の声優さんとして、私の中ではかなり確固とした立ち位置の声優さんのイメージだったので、ちょっと驚いたりなど。
 あと、まるたさんが「地球防衛組応援歌」の吼児の台詞に20年後悔し続けていた事とかも、初耳だったな。(笑)
 他にも色々、当時のお話がありました。そうそう、松本さんが楽屋裏写真も上げてくれてます。(笑)
 んでもって、J-WAVE LIVE から流れてきた私は『ドリームシフト』と『地球防衛組応援歌』をみんなで唄った時には、LIVE で貰った団扇を振り回して、完全にライヴと同じテンションで暴れまくってました。どうせ歌詞なんか覧なくたって全部歌えるもんね!

 上映会の方は、初回と最終回のオープニングは手拍子付きで会場でみんなで歌いました。(でも私、最終回は既に泣いてて唄ってなかった……。)あと、やっぱりみんなで観たのが本当に楽しかった。ロボット搭乗シーンの拍手、デッドベアが活躍する度に場内に沸き起こる失笑も。当時は部活と塾のコンボでオンタイムでは観られず、録画したものを夜中にひっそり観ていたのだけれど、今になってこんなに愉しく観る事ができて、私はとても嬉しかった。途中で少し具合が悪くなって、30分くらい寝落ちしてしまった事だけが悔しかったかな。

 でも何より、ライジンオーのイベントに、18年ぶりに脚を運べた事が、とてもとても嬉しかった!

 そうだ! 園田さん、3時休憩のオセッカイザーも勿論だけど、イベント終了後に会場に来てくださって本当にありがとうございます。私達も嬉しくて拍手をしたけれど、園田さんが私達に拍手をしてくれたこともとても嬉しかった。ライジンオー伝説化計画、楽しみにしてます! まぁ勿論、伝説はみんなで造るものなんだけど。

posted by HOSHINA Shiho at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。