2010年10月24日

HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 番組観覧

 実は17日の事なのだけど、HEY!HEY!HEY! の番組観覧に行ってきました。
 番組観覧というか、公開収録? HEY!HEY!HEY! は音楽の収録とトークの収録が別々で、基本的に各アーティストのファンクラブから観覧募集の告知が届く模様。というか、今回私がそうだった。
 観てきたのは勿論、平井堅ね。

 他のアーティストの公開収録に行く人の参考にもなると思うので、当日の流れなどメモ程度に。
 当日は20時10分集合だったんだけど、整列と身分照会は20時には始まってしまったので、集合時刻の15分前くらいには会場に着いてると良いかも。集合場所になってるフジテレビの湾岸スタジオの指定の場所で整列するんだけど、これはもちろん建物の外。で、前のアーティストの収録が押してるとそのまま外で待たされます。この時は雨とかも降ってなかったし、気温も良い感じだったので特に苦にはならなかったけど、暑かったり寒かったりすると大変かも。
 今回は30分くらいの待ち時間で控室に通されて、そこで簡単な説明を受けました。収録に入ってしまうと当然ながら途中抜け不可なので、この時に整理番号単位でお手洗いに案内されます。荷物や上着などもスタジオへの持ち込み不可という事で、原則的に全てそこに置いてスタジオへ移動する事になります。荷物は基本的に「お財布以外持っていってはいけない」との事だったので、私はむしろ財布は置いて、鍵と各種カード類だけ小さくまとめてポケットに入れて持って行きました。もちろん荷物監視の為に、スタッフの方が控室には残りますし、収録後に控室を出ていく際も、全員の荷物が確認できるまで出口を通してもらえないので、この辺は特に心配する必要ないです。
 と、こうやって書いてるとサクッと行ったように感じるかもだけど、実際にスタジオに通されたのは22時過ぎだったので、実に待ち時間2時間。(笑)
 でもね、待つ価値あるよ。何しろ近い。J-WAVE20周年記念のシークレットライヴの時より近かった。一番前だったし。
 列び順と言えば、アーティストが平井堅という事で男性は3列目以降の指示がありました。他にも登場時の拍手の指示とかあったり、カメラチェックとかでスタジオに堅ちゃんが登場するまでに5分くらい。
 堅ちゃんが登場してからスモークを炊いたりして(ドライアイスかな?)、ここでまた数分の待ち。で、実際の収録ですが、今回堅ちゃんは『アイシテル』を唄ってくれました。この曲生で聴いたの初めて。幸せ。でも、一発でOKが出てしまったので、実に収録は10分程度。(笑)これは確かにファンクラブに入る程度には好きなアーティストじゃないときついね。
 しかも唄ってる間なんてホントにあっという間で、私は本当に歌聴いていたのか……? みたいな感じで、終わってみれば記憶は完全に朧だったしさ。(笑)

 因みに、収録された映像がいつオンエアなのかは全く教えてもらえませんでした。いつ流れるんだ、これ……。
posted by HOSHINA Shiho at 02:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 平井堅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

諸国畸人伝

 最近、色々と忙しくしていたので(「忙」という字は「心を亡くす」と書くのよね。)ここもさっぱり更新出来ず、なんと9月には更新ゼロ……になってしまいましたが、フィギュアスケートの方もシーズンインして、今シーズンは暫くの間はひきこもりモードに突入のはずなので、ここもぼちぼち7月あたりのお出掛けから遡って更新していこうかな、と思います。

 さて。9日に板橋区立美術館で開催されていた『諸国畸人伝諸国畸人伝 絵師10人、驚愕の不協和音。』に行って参りました。お天気は生憎の雨でしたが日程的にこの日しかなかったし、何より絵金が観たかったのです。以前、Twitterで観たいとつぶやいていたら秋に板橋区立美術館に来ると聞いて楽しみに待っていたので──の割には終了ギリギリになってしまったけれど。
 絵金と言えば最近は残念なニュースもありましたが、板橋美術館に来ていた絵金はとても色鮮やか。これぞ絵金という感じの、ちょっと狂った題材の派手な絵でした。
 来ていたのは『播州皿屋敷 鉄山下屋敷』『伊達競阿国戯場 累』『浮世柄比翼稲妻 鈴ヶ森』の三作品。すべて屏風です。しかし題材がもう……どこまで怪談。(笑)
 この展覧会は他にも9人の画家を紹介しているのですが、当時はさぞ異端というか、広くは認められなかっただろうな……という感じの画風。やっぱりこう……ちょっと気持ち悪い部分もあったりして。
 でも、こうやってスポットがあたってく事で初めて知る画家もいて、これはこれで良い流れなのだろうな、と。最近は若冲なんかも単独で展覧会開催されたりしてるし、時代は変わったのね、みたいな……。
 ちなみに今回の展覧会で紹介されていた他の画家は菅井梅関、林十江、佐竹蓬平、加藤信清、白隠、曾我瀟白、祇園井特、中村芳中。特に印象に残った画家を挙げるならまずは加藤信清。すべて経文で描かれた絵はかなり衝撃的でした。特に『出山釈迦図』は神憑って観えた。林十江は今観てもちょと前衛的過ぎるというか……グロテスクでインパクトありました。

 あーあ。絵金ももうちょっと作品数観られたらなぁ。河鍋暁斎とかとさ、「幕末の異端画家達」みたいな展覧会やってくれないかな……。

 帰りは東武の成増駅まで歩いたのですが、雨が酷くなるわ、道もうろ憶えだわで本当に哀しくなりました。駅まで30分近くかかったし……。もうちょっと交通の便が良いとありがたいのですが。
posted by HOSHINA Shiho at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

競技された(BlogPet)

ねりなが創作したよ♪
でも、競技された。

*このエントリは、ブログペットの「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。