2010年06月21日

伊藤若冲 アナザーワールド

 MIHO MUSEUM は流石に遠いなぁ……と思って行かなかった昨年の『若冲ワンダーランド』。
 そんな事を思っていたら、なんと千葉市美術館で若冲をやるというじゃないですか! ──という事で14日から展示の《象と鯨図屏風》に併せて行って参りました、『伊藤若冲 アナザーワールド』!
 伊藤若冲がこんな一同に集まったの初めて観た。
 しかもこれは……当時、こんなん描いてる人間が目の前にいたら「天才」か「変人」の烙印を押されたに違いないってくらいの、超がつく程の個性!
 私が行ったのは20日だから、もう会期も後期だったけれど、出品作品リストを確認するに7〜8割は前期と作品が入れ替わってるっぽかったし、これは無理して前期も行っとけば良かった……とも。
 とにかく大変に心弾む展覧会でした。

 さて。今回の私の目的は第一に《象と鯨図屏風》だった訳ですが、何しろ若冲の大きな回顧展は今回が初めてで……もう居並ぶ個性的な水墨画にうっとり。
 誰が観ても一目で若冲と判る判る筋目描きや、あの時代に唐突に現れる升目描きなどその手法も凄いし、水墨画と着彩画が入り混じった独特な風合いの絵も面白い。1枚の絵に水墨画と着彩画の百合が入り混じって描かれている《百合図》も印象強かったし、そしてとにかく大量の鶏の絵!
 あのタイプの鶏は子供の頃飼っていたので、懐かしさと併せてとっても愉しく観る事ができました。
 花の絵、鳥獣の絵──ホント、ちょっと突き抜けてる。虫食いまで細かく描かれた植物の絵とか、鳥獣戯画を思い出すようなユーモラスな雰囲気の動物達とか、江戸時代にこんなん描いてる人がいたのだと思うと不思議な感じ。水墨画の印象、変わります。
 水墨画というと白黒というだけで地味な印象になってしまいがちな気がします。でも、そういったイメージで若冲の水墨画に臨むと、本当に吃驚します。白黒だけど、派手なんだよね。
 勿論、若冲の艶やかな花の絵も大好きなんだけど。
 まぁ今回は、そういった斬り口の展覧会ではなかったしね。

 同時開催で『江戸みやげ 所蔵浮世絵名品選』もやっていて、引き続き観てきたのですが、こちらも「おおっ!」と声に出てしまいそうなくらいの有名作品がざくざく。葛飾北斎の《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》に《冨嶽三十六景 凱風快晴》とか、東洲斎写楽《三代目大谷鬼次の江戸兵衛》とか、これまた「教科書で覧たな」みたいなのがゴロゴロと。
 若冲で疲れてたのに、再びテンション上がりました。(笑)

 私が住んでるエリアからは千葉市美術館へは片道1時間半を超えるちょっと長い道程なのですが、これは行って損なかった。損どころの話じゃなかったです! という事でもうすぐ会期終了ですが、行ける方は是非! 少なくとも20日は列ばずに入れました。ミュージアムショップは行列だったけど。(笑)
posted by HOSHINA Shiho at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち

 森アーツセンターギャラリーの良い所は、20時まで開いているところでしょう!
 という訳で、6日(もう2週間も前だよ……。)に『ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち』に行って参りました。
 チケット購入時間を除けば、その日の入場までの待ち時間は10分程度。近くに列んだ奥様方が頻りに「混んでるわね」「最近、こんな話題性のある展覧会なかったじゃない」とか話し合ってましたが……う〜ん、そうだったかな……。
 さて、今回の展覧会の私のお目当てはレンブラント・ファン・レインの肖像画。レンブラントって日本では大々的な回顧展が余りない。ので、こういった形で来日するのを頑張って追いかける事になるんだけど、今回は大変貴重な機会で。というのもレンブラントの描いた肖像画というのは、全部で3対。そして今回はその内の1対(2作品)が来日していたという……。もう本当に滅多にない機会だった訳です。
 それだけでなく、今回の展覧会は1点1点の作品がかなり豪華。展示数は80点程度だったのですが、「これ小学校とか中学校の教科書で覧た……」みたいな作品が幾つも。
 ルノワールの《日傘をさした女性と子供》なんて、初めて生で観たよ〜と小躍り。
 クロード・モネの《ルーアン大聖堂の正面とアルバーヌ塔(夜明け)》も、教科書では幾度も覧た事があったものの、生は多分今回が初めて。特にモネの作品はがっつり一角にまとめてあって圧巻。
 他にもヴァン・ダイクやムリーリョ、ピサロにコロー等など有名画家の絵も多かったのですが、今回、初めて名前を知った画家でナルシス・ヴィルジル・ディアズ・ド・ラ・ベーニャという人がいまして。この人の作風がすっごく好みだったので、他にも作品あったら観てみたいなぁ、等と思ってたりします。
 全体的な感想としてはホント、作品数の割りにインパクトがボリューミィだったな、と。なんかインパクトが多くて何を書けば良いのかって感じ。(笑)
 東京での会期は今日で終わってしまいましたが、京都にも巡回するようですね。この展覧会は、是非!
posted by HOSHINA Shiho at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

2010年NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」(BlogPet)

志穂の「2010年NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」」のまねしてかいてみるね

またしても長崎の時勢などが流されて参りましたんだろうなぁ、列んでの事♪
でも、展示されたりと工夫満載!
で休憩している時やら、音楽自体はいるので、江戸東京博物館の企画展「弥太郎萌え」みたいな高校生くらいの方は関わった人こそ解るの場合は30分待ち。
(フリーペーパー)数少ないお龍馬のレプリカの中心は手紙の事に江戸東京博物館の所為かな、悪いと工夫満載!
(普段絵画などを視るのレプリカの特別展。
終わり方は是非。
行列になって何も、周囲のガイドブック(お龍馬愛用の所為か、今回はかなり手紙の雑音を視るの女の子達の興味のエリアもとても良くていました?
別に行ったと工夫満載♪
幕末好きとしてはこうは、やっぱどうな演出でした手紙が目的!
この展覧会の煽り文句もあります。
スピーカーは思えなかった人こそ解るの品は19日からは聞いて何も長崎の興味深い資料や解説板より詳しい事に大物が多いだけになってみたりもあります。
幕末好きとしてはあっと言う間でしたが沢山ピックアップされて。
流石大河ドラマ特別展「龍馬伝」に、悪いと言って何も、私の類!!
ただ、江戸東京博物館の展覧会の手紙というのが結構苦手な?

*このエントリは、ブログペットの「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

2010年NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」

 またしても最早先月の事になってしまいましたが、5月29日に江戸東京博物館で開催されていた2010年NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」に行って参りました。
 流石大河ドラマ。そして福山雅治。元々、江戸東京博物館の企画展って混雑する傾向あるけど、今回も入場までは30分待ち。とは言え、そこは流石大河ドラマの特別展。行列にも長崎のガイドブック(フリーペーパー)などが配られたり、フロア全体に大河ドラマのPVが流されたりなどしていて、待ち時間の30分はあっと言う間でした。
 でもって、普段絵画などを観る時は絶対に借りない音声ガイダンスも今回は珍しく借りてみました。スピーカーは香川照之で、岩崎弥太郎ゆかりの品などの解説は、弥太郎っぽく語ってみたりと工夫満載。と言っても、私の場合は解説を聴きながらものを視るのが結構苦手なので(普段美術館で音楽を聴いてるのは、周囲の雑音をカットするのが目的。なので、音楽自体は聞いてはいるけど聴いていない。)、列んでいて何も観ていない時やら、ソファで休憩している時やらに全ての解説を聴き切ってしまってからモノ自体は観たりして……。でも、やっぱどうなんだろうなぁ、ああいう解説。別に展示品の傍に掲げられている解説板より詳しい事が話されていたとは思えなかったんだけど……。
 さて、展覧会の感想ですが、坂本龍馬の場合はかなり手紙が残っているので、展示の中心はこういった手紙の類。ただ、お龍への手紙というのは一切残っていないので(お龍が全て焼いてしまったらしい。まぁねぇ……。)数少ないお龍との絆の品は見物かな。お約束ですが、龍馬愛用の剣や銃のレプリカの展示もあります。あと、私は高杉晋作のファンだったりもするので、彼との縁の品が観られたのも嬉しかったな。
 幕末好きとしてはカタログも必見。龍馬は関わった人々に大物が多いだけに、そういった人々の人物解説やら、当時の時勢などの興味深い資料や解説も。
 さっきも書いた通り、龍馬は手紙が多く残っている事で、後世に残せる名台詞みたいなものも沢山あって。(幕軍側だとこうは行かない。)今回の展覧会の煽り文句も「日本を今一度せんたくいたし申候」だけど──これは行った人こそ解るのかな、そういった名台詞が沢山ピックアップされて鮮やかに展示されていました。終わり方もとても良くて、素敵な演出でした。

 しかしまぁ大河ドラマの所為か、何と言うかな……所謂「弥太郎萌え」みたいな高校生くらいの女の子達の一団もいて、「ああ、こういう風に大河ドラマ視る人達もいるのね」みたいな。いや、悪いとは思いません。歴史への興味の導入なんてそんなもんだよね。

 この展覧会は19日からは京都府京都文化博物館での開催との事。関西方面の方は是非。他のエリアも巡回するのかな?
posted by HOSHINA Shiho at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。