2009年04月20日

世界フィギュアスケート 国別対抗戦 2009

 先日、すっかり失念していて月10回更新の目標を打ち立てていた某佐山先生に「あ〜、今月うちは更新の予定ないねー」とか宣っていた保科ですが、皆さんいかがお過ごしですか、と。
 すみません。更新ありました。
 という訳で、個人的には「国別対抗って何やるの? 世界選手権だって『枠取り』の視点から見れば団体戦だと思うし、世界選手権直後でみんな疲れてるのに、何でそんな時期に試合やるの?」とか思いつつ、結局エキシビションだけはチケットを取って『世界フィギュアスケート 国別対抗戦 2009』を観に、に国立代々木競技場第一体育館まで行って参りましたよ。
 試合に関しては、来期に向けての調整試合っぽかったし(その分、浅田真央なんかはショートの構成をちょっと変えたり、男子は男子で四回転に挑戦したりと、それがご祝儀点であっても得点の出る試合でそういう実験ができたのは良かったなぁとは思ってるんだけど)、これは会社休んでまで観なくても良いかな、と。でもって、エキシビションに関しては日曜開催で迷うところがなかったので、チケットを購入して脚を運んだと、そういった次第でして。
 そんな状態だったので、実は会場に行くまでどこのチームが優勝したのかも知らなかった始末で。でも、これに勝ったとして、選手達にとっては一体何の得があるのだろう。採点基準が変わってからグランプリシリーズも位置付けがどんどん曖昧になってる気がするし(復権しようと色々講じてるようだけど、それが余計に位置付けの曖昧さを露呈させる原因になっているような。勿論、その年の採点傾向を見られるという点では重要だとは思うし、ISUランキングにも反映されるっちゃされるんだけど。)、この試合は選手達の疲労を更に深めるばかりなのではないか。この試合に出る事で、例えば何かの大会の枠取りに関わるとか、ISUランキングのポイントに反映されるとか、彼らにそういった利点はあるのだろうか──等と、疑問は尽きず。まぁ、そんなに文句があるなら観るなよとか言われそうだし、それでも観に行ってる自分もいる訳ですけども。実際、スポンサーもいっぱい集まってたようだし、エキシビションはかなり盛り上がってたし、良かったなぁとも思ってたりして、心境は微妙です。

 という訳で、いつもどおり滑走順に感想。

 オープニングはブルーマン・ショウ(ちょっとだけ)。初めて観ました。でも、今日って六本木で公演あったんじゃ……? 違う人か?
 最初の滑走は鈴木明子から。彼女は招待選手と言う事でラウラ・レピストが来られなくなって急遽出場が決まった所為なのか、余りキレがなかったな、という印象が拭えず。彼女の『リベルタンゴ』は大好きだし、決して見飽きたとかいう事はないはずなんだけどな……。
 キャシー・リード&クリス・リード。「彼らは来年の五輪出場枠を獲得しています」といった紹介をされていて、まぁ先の世選で五輪出場枠を獲得したのは確かなんだけど、こういった言い方をされると、彼らが五輪に出るのが決定してるみたいでどうかな、と……。勿論、日本のアイスダンス枠は誰かが急に移籍して来ない限り彼らのものでもあるんだけど。
 ジェレミー・アボット。正直言って、凄く世代交代を感じさせる選手。ライアン・ブラッドリーでもなく、ジョニー・ウィアーでもなく、彼が米国の代表に入っているという事自体に、ちょっとした感慨があります。まだ、滑走を観ただけで「あ、誰々だ」と判るほどには、その滑りを観た事はないのだけれど(男子シングルの上位は概ね判るくらいには観ているので……。)五輪シーズンの前年に、米国の上位陣が男女共に比較的大きく入れ替わったという現実は、ちょっとした脅威。
 う〜ん、さっきから滑りの感想というよりは選手への感想だなぁ。
 ヤナ・ホフロワ&セルゲイ・ノビツキー。彼らはこれからが期待の選手なのだろうな。年齢もアイスダンスにしては若い方だと思うし。でも、ごめんなさい。同じロシアなら、ドムシャバに来てほしかった。お遊び大会でもベルアゴとの対戦が観たかった……。いや、ここでそんなゴージャスな試合にしてどうすんのって気もするけれど。
 安藤美姫。非常にキレの良い演技で、こんな時期に凄いなぁ、と。彼女の場合、例年ジャパン・オープンにも出ているし、この時期の軽い試合は割と慣れっこなのかも。絢香の『I believe』では、一番良かった気が。勿論、2007年の世選も良かったけど。
 ジェシカ・デュベ&ブライス・デービソン。彼らは途中棄権です。滑走を始めて早い段階で、ツイストをデービソンが受け止め切れず、デュベが落下。結構激しい感じで、そのまま動けず……。大丈夫だと良いのだけれど。また顔だったら辛いな……。
 小塚崇彦。直前のペアの衝撃で余り良く憶えてなかったりするのですが、場内は手拍子も沸いて盛り上がってたように記憶しています。多分、私もしていた……と、思う。
 ナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ。私にとっては、今世界で一番安心して観られるアイスダンスのカップルです。ちょっとコミカルな感じの演技でしたが、彼らにはもう少しストイックな感じの曲で滑ってもらうのが好き……。
 パトリック・チャン。ジェフリー・バトルが引退して、カナダのトップに躍り出た選手ですが、彼の滑走もまだ憶えるほど観てないので特徴がつかめてません。とは言え、来年は地元開催の五輪だし、このシーズンの躍進が怖い選手だなぁ、と。
 川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。すっごい可愛いエキシビションで吃驚しました。しかも、エキシなのに結構高度な技がバンバン入っていて流石。川口は五輪もロシア国籍で出場だけど、これはかなり期待できる予感。
 レイチェル・フラット。実は生で観たのは初めてかも。
 シニード・カー&ジョン・カー。彼らも初めて生で観た選手だと思います。少なくとも、こうやってきちんと観たのは初めて。イギリスの選手ってフィギュアスケートでは余りピンと来ないというか、もしかしたらイギリスの選手自体初めて観たのかも知れないけれど……。とにかく、彼らはパワーで押すタイプのアイスダンスというか、ちょっと新しい感じでした。特徴的。衣装からしてスコットランド系かな。
 ブライアン・ジュベール。ああ、何と言うか。ジュベールがこんなに客席に愛想振りまくプロを滑るようになったというだけで、私としては微笑ましい気持ちになってしまうのだけど。でも、よく観ると相変わらず高度な事をやってるエキシプロだったりするんだよね……。しかし、こういう客席巻き込みタイプのプロって、フランス男子には必須科目なのかいな。

 製氷休憩を挟んで、後半は高橋成美&マービン・トランからでしたが、何気に休憩終了までに席に戻って来られず彼らの滑走は見られず。
 キャロライン・ジャン。彼女も何気に生で観るの初めてだったかも。表現力が上がってきて物凄く綺麗。表情も日本人好みというか。着実に国内の順位も上げているし、彼女も来期が楽しみな選手。でも、こうやって観ると米国女子って本当に接戦だ……。
 ケイディー・デニー&ジェレミー・バレット。彼らも初めて観る選手。余りペアに詳しくない事もあるけれど、名前を聞くのも初めてだったかも。
 織田信成。あの『トスカ』の曲の入り、そしてボーカル入りの『トスカ』に対するイメージは以前も話したことがあるかもしれない。とにかく、曲が始まった瞬間本田武史を思い出し、ボーカルが始まるとエフゲニー・プルシェンコを思い出すので、いつも滑走が印象に残らない……。多分、良い滑りをしていたと思う。周囲の拍手は沢山聞こえました。
 テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー。NHK杯の時に欠場したカップル。彼らもきっと初めて観たはず……。
 ステファン・ランビエール。招待選手です。今回は『タンゴ』を滑った選手が多くて、彼もご多聞に漏れず『タンゴ』だったのですが、私にとっては彼の『タンゴ』が一番印象的に思えました。こうして滑りを観ると、何故神は彼に頑健な脚を与え給わなかったのか──等と思ってしまったりして。それほどまでに彼の滑りは魅力的なのに、彼の膝はその痛みに耐えかねて、もう思ったとおりに跳ぶ事もままならない。悔しいなぁ。私は、彼とブライアン・ジュベールが、五輪で直接対決するのが観たかった。彼らふたりに、五輪のメダルを争って欲しかった。アレクセイ・ヤグディンが退き、プルシェンコも老い、次の五輪の頂上対決は、彼らに委ねられるものなのだろうと、去年までは、そう思っていたんだけどな。
 張丹&張昊。張丹の髪が伸びたなぁ、というかふたりとも段々垢抜けてきていて、そういうのが微笑ましいふたり。それにしても、中国のペアは申雪&趙宏博が引退して以降、トップがころころ入れ替わってるような。というより、張丹&張昊が伸びてきたのかな。
 ジョアニー・ロシェット。遠目だったからかも知れませんが、肉体的にちょっと女性的になったかな、といった印象を受けました。以前は筋肉ムキムキな感じだったので……。
 タニス・ベルビン&ベンジャミン・アゴスト。綺麗で好きなカップルなのですが、特にこういった雰囲気で魅せるプロはもう一押し──といつも思ってしまう……。男性の良い意味での胡散臭い雰囲気は凄いと思うんだけど……。ベルビンが美人過ぎるのかなぁ。でも、ペシャラも凄い美人なのは一緒だし……う〜ん……。
 エヴァン・ライサチェック。いつもどおりの黒い衣装。やっぱり何を滑ってもカルメンがよぎるのがなぁ……。それでも、この1年は随分イメージを変えてきたとは思っているのだけど。来期は五輪シーズンだし、またカルメンかな。
 アリオナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコーヴィ。グランプリファイナルや世界選手権などで比較的何度も見ている選手だし、川口&スミルノフペアと並んで優勝候補の一角のふたり。飛行機が6時間も遅れて、日本に着いたのは18日の深夜だったのだそうだ。この滑走の為だけに来てくれたのだと思うと感謝である。
 取りは浅田真央。お馴染みの『タンゴ』でした。

 この大会でもお約束どおり大会パンフを購入したのですが、今回は何より表紙がとても素敵でした。この季節で日本開催といった側面がちゃんと表現されていて可愛らしいなぁ、と。でも、やっぱり今更団体戦をやる理由は読んでも解からず。残念。
posted by HOSHINA Shiho at 02:07| Comment(2) | TrackBack(1) | フィギュアスケート2008-2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

結婚しなかった(BlogPet)

志穂は、結婚しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 07:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。