2009年03月23日

ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

 連休も最終日の22日。お天気は生憎の雨模様でしたが、国立西洋美術館で開催されているルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画に行って参りましたよ。
 今回は珍しく前売り券を購入していましたので、入場はスムーズ……と思いきや、意外にも10分ほど列びました。こういう会期の長い展覧会は、展覧会の開始月と最終月以外は割りと列ばずに入れるイメージがあったので、「休日とは言え、この日取りを選んだのに列ぶのか……。」とやや驚きも。まぁ、列ぶのは色々と慣れてますが。
 今回、前売り券を購入した理由はやっぱりルパン三世★お宝チケット。値段は当日券と同じだし、流石主催にNTVが入っているだけあってルパン三世とはセレクトが良いな、と。個人的に、ルパンというのは形無きものを鮮やかに盗み取る事ができる腕の良い盗賊だと思っているので、こういうコラボにはぐっと来ます。因みに書き下ろしのポストカードは、レンブラントとフェルメール、クロード・ロランとのコラボです。

 さて、実際の展覧会ですが……これの感想、どうしよう……みたいな。なんか有名どころの絵が多すぎて、本当にこんな凄い展覧会がさらりと開催されてることに驚きます。作品数は71点と西洋美術館の企画展にしては決して多い方ではないと思うのですが、なんか凄く観るの時間がかかるしお腹いっぱいになる展覧会なのですよ。だって、17世紀だし。大好きなオランダ絵画だけでもこの時代は満腹感を味わえるというのに、ヨーロッパ絵画なんて大雑把な括りで、その上ルーブルだし。ルーブル美術館展って比較的数多く脚を運んでる気がするのですが、今回が一番何観たら良いか判らなかったです。凄い絵が多すぎて。
レンブラント・ファン・レイン 《縁なし帽を被り、金の鎖を付けた自画像》
 この人の自画像には何度かお目にかかったことがありますが、映画『レンブラントの夜警』を観て以来、彼の自画像を観ると、まず頬が緩んでしまう癖が……。多分、映画のイメージが強すぎるんだろうなぁ。裸で色彩の質感の問答を始めるレンブラントの姿が目にチラついてしまって。この人の場合、自画像は沢山描いているものの常にコスプレしているので、出会う度に新たな発見があります。しかもそのコスプレの内容で、彼がその時にどういった境遇に置かれていた時代なのかも大体見て取れる部分があったりして。

ヨハネス・フェルメール 《レースを編む女》
 ここのところ、フェルメールの絵が集中して来日しているような気がするのは気の所為ではないはず……。
 この絵に描かれてる女性は《ヴァージナルの前に座る若い女性》と同一人物だと思うんだけど。違うのかな。絵そのものが小さい上に、画面の手前にある赤と白の糸に視線が釘付けになってしてしまう所為か、細かい部分ばかりきになってしまう絵なのだけれど、画面全体を包み込む光の魅力はやっぱりフェルメール独特のものがあります。

ペドロ・ヌーニェス・デ・ビリャビセンシオ 《ムール貝を食べる少年たち》
 この絵については余りバックボーンを知らないし、画家の名前も良く知らなかったりするのですが(駄目じゃん)、この絵を観た瞬間に思い出したのが、子供の頃に観た世界名作劇場の『トム・ソーヤーの冒険』。まぁ、トム・ソーヤーは200年くらい後の時代のストーリィですが、この絵に描かれた少年達の表情が、このアニメの主人公達の表情を髣髴とさせるような感じで、本当に生き生きしてて微笑ましかったのです。

ヤン・ステーン 《家族の陽気な食事》
 ヤン・ステーンといえば風刺画ですが、この人の絵の何よりの特徴は、絵から喧騒が伝わってくる事だと思います。光を感じる画家というのは何人か思い浮かぶのですが、ここまで派手に喧騒(寧ろ騒音)を感じる絵を描く人は余り見かけません。(笑)

クロード・ロラン 《クリュセイスを父親のもとに返すオデュッセウス》
 光を感じさせる画家と言えば、ターナーとこの人、というくらい光の印象の強い画家だと思います。この人の絵は、画面から差し込む光に照らされるような錯覚さえ感じます。1998年の新展示場開館記念の企画展もこの人の展覧会だったし、西洋美術館はこの人推してる感じかな?

ピエル・フランチェスコ・モーラ 《弓を持つ東方の戦士(バルバリア海賊)》
 残念ながらポストカードにはなっていなかったけれど、この絵のポストカードがあったら絶対購入したのに、と思ったほどの凛々しい海賊の絵です。宗教画でない人物画では、この絵が一番印象深かったです。

アントーン・ファン・ダイク 《プファルツ選帝侯の息子たち》
 ダイクというだけでインパクトがあったのかも知れませんが、このふたりの青年の姿はかなり印象に残りました。池田理代子の漫画に出てきそうな雰囲気。別に目がキラキラしていてまつげが長いって訳ではないのですが、醸し出す雰囲気は、子供の頃に植え付けられた、あの『貴族』のものなんだよなぁ……。

ペーテル・パウル・ルーベンス 《ユノに欺かれるイクシオン》
 ここまで書いてて、余りにも有名な画家の名前ばかり並べている事に改めて驚いてきましたよ。何だこの展覧会。凄いなぁ。
 これは1枚の絵の中にユノがふたり描かれている絵です。といっても、ひとりはユピテルが造った偽物のユノだけど。画面左側と右側で雰囲気が全く違っていて、2枚の絵を観ているような気分になります。もっとも、これを1枚にまとめてひとつの世界を造っているところが凄いんだけど。

ヨアヒム・ウテワール 《アンドロメダを救うペルセウス》
 日本では余り見かけない名前の画家ですが、オランダ絵画ってやっぱり目を惹くんだよなぁ。主題そのものはありきたりながら、画面の構成が独特。アンドロメダの足元に転がる貝殻や、海の怪物(龍だと思うんだけど)の極彩色も印象的です。

カルロ・ドルチ 《受胎告知 天使》 《受胎告知 聖母》
 この二枚の絵は並べて飾られていたのですが、今回観た中では一番印象に残りました。ありきたりな感想で大変恐縮ですが(今更何を言っているのか。)大変神聖な印象を受けました。この一対の絵を観ている内に、エルサレム賞授賞式で村上春樹が語った記念講演の言葉を思い出し、涙が出そうになりました。何でそんなもの思い出したのかは我ながら謎ですが……。
 う〜ん、もしかして所謂「心が洗われた」ってやつかも。でも、そうさせる程の神聖さが、この絵にはあったんです。別に、クリスチャンって訳じゃないんだけどなぁ。

ジョルジュ・ド・ラトゥール 《大工ヨセフ》
 ラトゥールの絵は、その視線にインパクトがあります。ここまで、生きた人間の視線を生々しく描く人も余りいないというか……。ヨセフの視線もキリストの視線も今にも動きそうで、何と言うか……「ああ、生きてる。今この瞬間に、次の場面に変わりそう」みたいな、不思議な印象を受けるのです。
 この視線の強さみたいなものは、生で観ないと判らないと思います。印刷だと、どうも再現できないっぽい。
 因みに、このラトゥールの絵は先に述べたドルチの絵と並べて飾られており、これらの絵が醸し出す空間もまた素敵でした。

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ 《6人の人物の前に現れる無原罪の聖母》
 息切れしてきました。(苦笑)有名どころ多すぎだよ、この展覧会……。
 ムリーリョ大好きです。彼の描く聖母は……聖母に限りませんが、とにかく表情が柔らかくて優しい。今回も、この絵が一番観たかったのです。非常に大きな作品で(もっとも彼の作品は大型のものが多いのだけど。)見応えがあります。
 う〜ん、ざっくり印象に残った絵だけ書き出してみたけれど、他にもいっぱいあるんだよなぁ。もう一回くらいこの展覧会の感想書いてそうだな……。
posted by HOSHINA Shiho at 00:01| Comment(2) | TrackBack(2) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

ポワレとフォルチュニィ 20世紀モードを変えた男たち

 ご覧になった方もいらっしゃるかも知れないけれど、20日の芸術劇場という番組で、先日開催されたベジャールの追悼公演の模様が放映された。私はシルヴィ・ギエムがこういったテレビ番組で放映されたのを余り観た事がなかったので、(実際ギエムは余りテレビ放映を好まなかったらしいが。)再び『ボレロ』を堪能することが出来たのは、かなり僥倖だったと思う。
 バレエにしてもフィギュアスケートにしても、会場で観るのとテレビで観るのとは、やっぱり随分違って感じられる。生で遠くから俯瞰する時の「この人、デカイ」という印象は、テレビで観ると殆ど感じられない。この「デカイ」という印象は、多分踊りの大きさであり、他のダンサー(スケートの場合はスケーター)と比べた時に感じるものなのだ。だから、誰かをピンポイントで映すテレビ映像では、その印象がかなり薄れてしまう。でもその分、テレビ映像では遠くからでは捉えることのできない、指先や足元の繊細な動きを見る事ができる。もうこの辺りは一長一短だから、どっちも愉しい。愉しみ方は、メディア毎にそれぞれにあるのだ。

 さて。いつも読んでいる@ITのメルマガの後記に、この展覧会が面白かった──と載っていたので、ふと興味を持ったポワレとフォルチュニィ 20世紀モードを変えた男たち展。普段は服飾関連の展覧会は余り行かないのだけど、今回は連休だし──と思い立ち、目黒の東京都庭園美術館まで脚を運んでみる事に。
 庭園美術館は旧朝香宮邸という事で、出自が出自だけに展覧会も人を選ぶと言うか……ちょっと敷居の高い企画展が多い印象がって、個人的には敬遠しがち。今回も、きっかけがなかったらまず行かなかっただろうな。
 会場に入った時点でまず気がついたのは音楽。私は美術館では概ね外音シャットダウン型(普段はiPod必須。とは言え、経験上、美しいものを観て感動して声を上げてしまうのは仕方ないと思っているので、美術館で完全に静かにしろというのもちょっと無理だと思ってはいるんだよね……。)なのだけど、今回は「20世紀初頭のヨーロッパの夜会」をイメージした選曲だそうで、室内の少し灯りを落とした感じの雰囲気といい、服だけでなく、館内がトータルに演出されていて、その繊細さに吃驚。
 また、今回はドレスコード割引があった為か、ポケットチーフを着用していた男性もいて、自分のチャラい格好がとても残念な感じに。絵画を観る時の様な戦闘態勢で観るタイプの展覧会でもなかったし、今回は思いっきり高いヒールの靴を選べば良かったなぁ──等と、入館直後から負け感でいっぱいになりつつも(苦笑)入場してしまったので歩を進めます。
 実際の展示物の感想ですが、個人的に圧巻だと思ったのはポール・ポワレの大振りのビーズが散りばめられた金色のイヴニング・ドレス。ジャラっとした感じの服やアクセサリーが大好きなので、こういうのは飽く事無く眺めてしまいます。
 マリアノ・フォルチュニィの方は「デルフォス」という細かいプリーツの入ったワンピースが定番商品として多く飾られていましたが、もうひとつ、彼の服の素晴らしさを語るのに外せないのは、ステンシルプリントの技術だと思いました。一見似たように見える柄でも、ポワレの場合はその装飾は刺繍を施したものであり、フォルチュニィの場合はステンシルなのです。生産性から言えば圧倒的にステンシルの方が高かった訳で、その辺りでもこの技術は画期的だったはず。
 他にも、彼らが出てくる以前に主流であった、レースやフリルの散りばめられた旧弊的なドレスなども参考作品として展示されていたりもして、こちらも個人的には大変参考になりました。あのふわりと膨らんだ服の中で何がどうなっていたのか構造が解ったりして。
 この展覧会、衣装の展示数としては合わせても80点ほどだったように記憶していますが、館内がトータルで演出されている展覧会という事で、そのちょっとした異空間振りには圧倒されました。建物そのものが持っている雰囲気と言うのは、矢張り大きい。

 結局、その敷居の高さに対するイメージは払拭される事がありませんでしたが、やはり憧れの別格の美術館であることには変わらない庭園美術館。いつかこの美術館を愉しめるようになりたいものだ──等と思う今日この頃ですが。しかしそんな日、来るかねぇ……。
posted by HOSHINA Shiho at 01:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

ANIMAX サタデーナイトフィーバー★スペシャルイベント(BlogPet)

志穂の「ANIMAX サタデーナイトフィーバー★スペシャルイベント」のまねしてかいてみるね

劇場のビジュアル的に柔らかなイベント、詳しい司会者本人および、全部の陰影の人は心得た訳ですよ。
のっけから小さい音もいっか、消耗を最小限に印興味深かったしての小さなテレビだなぁ。
夜中だなぁ、次にのたまったよ!!
クラブイベントで芸人さん、「アニメーションプロデューサーの橋本健太郎さんです」と気付くけれど、昼から「アニメは『桜蘭高校ホスト部』から『ガンダム00』まで幅広く観てます。ある意味狭いですが」など。
こういうイベントだからは作品を求めてなかったか、このイベントやってたしね!!
(笑)まぁどうせ一気に観るならワンルームの休憩。

*このエントリは、ブログペットの「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ANIMAX サタデーナイトフィーバー★スペシャルイベント

 劇場のハイビジョン大型スクリーンで「黒塚-KUROZUKA-」全12話をオールナイト一挙放送!

 という訳で。
 先月28日の22時から翌朝にかけて、テアトル新宿で開催されたANIMAX主催のリアルサタデーナイトフィーバー★スペシャルオールナイトに参加して参りましたよ。
 このイベント、要は「映画館でアニメ版『黒塚-KUROZUKA-』を一気に観ようぜ、主演声優と監督も来るよ」というものだったのですが、これが意外に愉しかった。(笑)
 正直言うと余り期待してなかったというか、個人的には『黒塚-KUROZUKA-』の本放映時、お約束どおり何話か見逃してしまった事もあり、まぁどうせ一気に観るならワンルームの小さなテレビよりかは、大画面5.1チャネルサラウンドの映画館の方が良かろう、といった程度の感覚で応募した訳ですよ。
 そもそも、この日はフェイシャル行った後だったし、お肌に悪いから眠ければ寝ちゃってもいっか、みたいなノリでもありました。眠る気満々でサングラスも持ってってたしね。
 が、流石というか……眠らせない。(笑)

 このイベント、司会はサンキュータツオという方で、私は余り地上波を観ないもので芸人さんは殆ど存じ上げないのですが、とにかくどうやら、詳しい。
 のっけから「アニメは『桜蘭高校ホスト部』から『ガンダム00』まで幅広く観てます。ある意味狭いですが」などとのたまった時点で、「おや、これが脚本じゃないとしたら相当解ってるなぁ(両作品とも、このイベントのゲストで主演声優でもある宮野真守が主要人物を演じている)」と思ったのもつかの間、次にのたまった作品が『純情ロマンチカ』だった時点で、個人的には「もう『黒塚-KUROZUKA-』は全然関係ないけど素晴らしい司会者だ」と称賛モード。(笑)
 まぁ、そういったアニメに詳しい司会者だった時点で場内に柔らかな安心感も沸き、穏やかにイベントスタート。
 構成としては、全12話の作品を3話ずつに区切って放映するといったスタイルで、途中に休憩やトークイベントを挟みます。この3話ずつの間に挟まるトークイベントが我々を眠らせない訳です。
 そんな感じだったので、イベントの最初は司会者本人および、声優の宮野真守と監督の荒木哲郎の簡単な紹介があって、イベントの途中途中で発表になるというキーワードの説明および最初の発表があり、一旦トーク終了。アニメの1〜3話までがノンストップで放映され、終了後に一旦15分間の休憩──と思いきや、夜食タイム。(なんと夜食が全員に配布された。無料招待のイベントで夜食が出るとは思わなかったよ。軽く200人は超えてただろうに、景気良いなアニマックス。)
 休憩を挟んで第二部の最初は、サンキュータツオを司会に宮野真守と荒木哲郎のトーク。ふたりの初共演作だった『DEATH NOTE』と今作品の差別化などについての話など。個人的に印興味深かったのは荒木哲郎がダリオ・アルジェントの『サスペリア』を意識していたという話。確かに、長くて昏い廊下やドアノブをガチャガチャされるあの感じは『サスペリア』だなぁ、と……。あと、アクションシーンで急激に彩度(温度)を上げる話なんかも言われてみて納得というか。
 この時はビンゴ大会もあって、流石ソニー様(実はソニー信者である。)という感じで華やかなプレゼントの数々が。まぁ私は当たりませんでしたが。ここでは宮野真守ががっつり盛り上げてくれました。
 トークとビンゴ大会を経て4話〜6話までの放映が終わった後は20分間の休憩。ここで、何故かふたつ隣の席に座っていた派手な雰囲気の兄ちゃんがいなくなってたので気になっていたのですが、第三部が始まったら、「アニメーションプロデューサーの橋本健太郎さんです」といって紹介されてました。関係者だったか。
 第三部の開始は矢張りサンキュータツオを司会に、荒木哲郎と橋本健太郎を迎えてのスタッフトーク。アクションが描ける作画担当者がいかに重要かといった話や、この作品のキャラクターのビジュアル的な情報量の多さなどの話がメインだったかな。こういうのも大画面で観ると気付くけれど、確かにキャラクターの顔の陰影の多さはちょっとウィークリィのアニメでは異常なくらい。音も拘ってると言ってたけれど、5.1チャネルで聴くと色々な仕込が入ってるのが判ります。10話なんかホント気分悪くなる位の振動と重低音で。(テレビだと全然気付かないんだけどね……。夜中だから小さい音で聴いてるし。)こういうのを体感すると、本当に劇場で上映するに耐えうるクオリティで造ってた事に驚きます。
 トークの後は7話〜9話の放映。個人的に7話と9話が好きなので、ここは重要ポイント。とりあえず、消耗を最小限に抑えるために8話で少し眠ったのですが、これが悪かったのかふと気付くと足がむくんでパンプスがキツくなってたり……。
 休憩を挟んで第四部は、サンキュータツオがさくっとキーワードを述べた後すぐ、10話〜12話の放映。ここは心得たものと言うか。9話からはもうクライマックス突入してますからね。ツボ押さえた構成って感じです。
 そんなこんなで、全部の放映が終わってイベントが終了したのが、4時半過ぎくらいだったかな。
 宮野真守ファンの人がどういう印象を持ったかは判りませんが、個人的には作品自体を良い環境で観られたので、非常に愉しく過ごせました。
 因みにこのあとは始発で一度帰宅して数時間眠り、昼からは某嬢と5時間くらい酒かっくらった後に春の服を求めてショッピング──といった感じで、一日中新宿で暴挙を尽くした次第。

 やっぱヲタクなイベントは良いなぁ。終わった後も色々愉しいし。
 ANIMAXさん、またこういうイベントやってください。凄く愉しかったです。夜のイベントだけに、大人向けで落ち着いてたのも良かったです。クラブイベントだと途中で脱落しちゃうけど、映画館だとシートがあるからオールナイトでも余裕あるしね。
posted by HOSHINA Shiho at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。