2005年08月30日

ギュスターヴ・モロー展。

 コアラって人間が笑うと引っ掻くってホントですか?
 あと、鳴声っつーか唸り声? が怖いってホントですか?
 やっぱオーストラリア行ったらコアラだよね?
 そういや、昔カール・リヒター・フォン・ランドルが「オーストラリアの貴族」という紹介を受けていて、お前の祖先はアボリジニかよ! とか突っ込んだよな、とか色々と思い出してる最中の保科志穂です。念のため言っておくと、ランドルはオーストリアの貴族です。濠太刺利≠墺太利ですよ。とか書きながら、そもそもサイバーフォーミュラってワタル2の後番組だから、本放映からもう14年も経ってる訳で、このネタ解らない人も多いのかしら、なんて微妙に不安に思いつつ、それよりワタル2からもう15年かよ! とか言う事に更にびびってる今日この頃だったりしますが。
 日曜日にギュスターヴ・モロー展に行って来ました。まだ会期は暫くあるけど、丁度原宿に行く用事があったので、そのまま歩いて渋谷まで行ってしまった。で、感想なんだけども……う〜んと、やっぱりこれって印象派なんだなぁ、と改めて。ギュスターヴ・モローは神話に題材を取った絵画が多いので、もっと緻密できらびやかな絵をイメージしてたんですが、実際は想像以上に印象派っぽい画面でした。描き込み自体はかなりのものなのですが。そんな風にして神話の世界の絵画に浸り夢見心地で美術館を出た直後にケータイをチェックしたら、上司から緊急折返しの旨の留守電が入ってて……もう、がっかり。(苦笑)それでも頑張ってブックファーストでサスミスの最新号と『夜の過客』の2巻は買って帰って来ましたから、今月は『幻獣の星座』もお休みだし、『夜の過客』の感想でも上げる努力をしてみましょうか?
posted by HOSHINA Shiho at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

遠い遥かな甲子園

 三浦実子って漫画家さんのコミックスで『遠い遥かな甲子園』というのがある。北海道の弱小高校が甲子園に出場する話なんだけど、初めて甲子園出場の決まったチームメイト達に、監督がこう問う場面がある。
 監督『これから一番注意しなくてはならない事は何か』
 主将『コンディション』
 監督『違うな。スキャンダルだ』
 因にこのコミックス、初版は昭和時代なので現在手に入れる事は難しいだろうけど、今年の夏の甲子園の教訓になるよね。一連の報道を見かける度、私はこの話をいつも思い出していた。最近はネットのお陰で不祥事も流出し易いから、慎重に慎重を重ねないといけないだろうし、現場は野球以外の面でも大変だろうな。
 全然関係ないけどこのコミックスのストーリィ、彼等は勿論本戦では一回戦負け。(笑)全体的に野球それ自体には殆ど触れられず、北海道の冬はグラウンドが使えないから筋トレばっかりだとか、甲子園出場決定後にメンバがプレッシャに落ち込んでく様とかが描かれてて、それに交えて主人公のマネージャの女の子が天性のボケで良い味を放ってるなかなかの話なのである。しかし、実際この設備で甲子園に出場できる学校はまずないだろう。

 さて。
 昨日は会社を19時半に上がって、20時からは秋葉で呑み。久し振りにワタクメンバに寄る『ワタル』の真面目な会話が……!(笑)あと、濠太刺利(『オーストラリア』と読む。一発変換でこの文字が出て来たので使ってみた)旅行も確定。有給3日連続で取るなんて、社会人になってから初めてかも。事前にきちんと言っておけば取れない事はないと思うけど……。しかし、濠太刺利って歴史的建造物みたいなのがないから、何をどう観光すべきか考えないとなぁ。
posted by HOSHINA Shiho at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

夏コミ68(BlogPet)

経緯を感激してみたところで、オフィス使いしちゃえるようなデザインとお値段で、スペースと嬉しい朝ご飯と、確かや、楽しく団扇を執心な方々とまったりお茶タイム…… だよ♪ *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

きんもーっ☆

「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に(ITmedia)
 今日は夏コミに行ったヲタクには避けて通れない、この話題を。(笑)
 YahooのTOPにまで現れたこのニュース。要は、コミケに来ていたネイサンズのバイトが、事もあろうに仕事中に写真を撮って自分のブログに掲載、その上、客であるヲタクの事を「まぁお客はみんなオタ」とか「大量オタ。これほんの一部ですからね。これがぶぁぁぁぁあっているの。恐い!きもい!」とか「きんもーっ☆」とか書いちゃった、という与太話が前提にあって、これを受けてネイサンズが反省文を掲出した、というものです。
 この件で問題なのは、彼女がヲタクをキモい呼ばわりした事ではありません。そもそもコミケに来てる人間は、(今年こそ電車男の所為で例外があれど)往々にして自分達が日陰者である自覚なんざ持ってる訳で、キモい事なんて最初から解ってるのです。晴海時代、ヘリが上空を旋回する度に、開場待ちの一般参加者が顔を伏せていたのは、当時から既にマンレポのネタとして取り上げられていた事。そんな事は既に充分自覚的ですから、今更問題にはなりません。問題なのは、彼女がネイサンズという企業の看板背負って、店の客の中傷を全世界に発信した事です。これでネイサンズのホットドッグが売れなくなったら、一般的には彼女自身が賠償金を支払う話になると思うんだけど、実際どうなるのかなぁ。
 尤も彼女が凄いのは、この中傷を、日本人なら普通警戒して行わないであろう実名顔写真付きで、企業の看板を背負って全世界に発信した事です。せめて企業名さえ判らなければ、雇主には迷惑をかけずに済んだのに。しかし、ヲタクがキモいなら、ヲタクの集まるコミケにまでバイトに来なければ良かったのでは。彼女の居住地から東京ビッグサイトって結構遠いし……。
 先に述べたように、彼女は自身のブログで自らの個人情報を全世界に放っていたので、例えばここに彼女のブログからの引用を明記した上で、彼女のプロフィールを細かく書いてしまっても、法律的には何ら問題にはならないと思われます。しかし、それをしないのは、人間として最低限のモラルがあるから。そして、彼女は多分そんな事はどうでも良かったのでしょう。でも、どんな事だって思うのは勝手だけど、それを文書として残すとなると、事の重大性は全く異なって来ます。
 一般的に、ブログは匿名で書くのが安全とされているようです(電子フロンティア財団提案)。実際、不特定多数が読む場所に文章を書いている以上、実名を出さずに、如何に読者様に読ませる文章を書くかというのも、ある意味腕の見せ所だと思います。アナウンサじゃないけれど「おいしい」と言わずに、如何に美味しい事を視聴者に理解させるか、というのは高度な技術になって来る訳です。
 ただ、個人情報をネット上で晒す事がいかに危険な事であるかを、この程度の問題でみんなが認識できたのは物怪の幸いと言える……ような気がします。
posted by HOSHINA Shiho at 01:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

歯科医に行く。

 もう二十年からこっち、定期的に歯科医に通った経験がない。齲歯がない。治療痕もない。まぁ流石に、2年程前に親不知が2本だけ齲歯だと言われてしまったのだけど、逆に親不知だからこそ放置。医者が別に急いで抜く必要ないって言うから何もしていない。
 そうして2年振りの歯医者である。どうにも左頬側の歯が全般的に疼く。痛くはないけど、気になる。で、結果。

 異常なし。

 叩いてもなぞってもレントゲン撮っても問題なし。一過性の歯肉炎だろうからと、うがい薬出されてお終い。まぁ問題なかったのは良かったし、齲歯が増えてないのもありがたかったけど、かなり拍子抜け。2年振りの歯医者だったのに……。あ、でも左の親不知は齲歯が進行しているので、この機会に抜いてもいいんじゃないのか、というような事は言われた。逼迫した状況ではないから、決して強要はされないのだけど、しかし、されないからこそ逆に決心がつかない。困ってないって恐ろしい。

 とりあえず今日は、仕事の都合上、いつもより早く出勤しないとヤバい。
posted by HOSHINA Shiho at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

お一人様御案内。

 学生の頃、とある人に「君は『ワタル』を卒業するのが課題だね」と言われた事があるのですよ。ここで言う『ワタル』は、以前からここを読んでくださってる方は御存知だと思うけど、『魔神英雄伝ワタル』というアニメに端を発する一連のメディアミックス作品全般の事を指すんだけど。
 私は言われた瞬間に「それでは貴方も、その人生を賭けている宗教を卒業すべきでは?」と言い返しそうになって、ぐっとこらえた訳ですが。私にとっては『ワタル』や『同人』は卒業するものじゃないし……。卒業って、ねぇ? 要するにそれは、対象を劣ってるって言ってるのと同じじゃない? 時々「同人卒業しました!」とか書いてある文章を覧ると、「この人にとって、『同人』とは卒業すべき、愚かな行為だったのか」と、ちょっとがっかりする。『卒業』ってそう言う言葉だよね。対象を見下してるからこそ出る言葉。最近だとモー娘。がよく使うけど、要するにアレも「私もそろそろ大人だし、いい加減、オコチャマユニットなんてやってちゃ駄目だよね」っつー宣言な訳だし? まぁ、モー娘。が使おうと誰が使おうと構わないけど、他人の根幹を成す思想に対して「卒業しなさい」って、壮絶に失礼だなぁ、と今でも思ったりするのです。まぁ、同人を卒業した方にはさぞかし愚鈍に見えるだろうけど、私はこれからも同人が大好きだと思うし、続けて行きたいと思っている。辞める時も、とてもじゃないけど『卒業』なんて思えないだろうな。
 さて。昨日はフィットネスクラブに行って来ました。プログラムで簡単なヨガとかやったんだけど、すっごいキツかった。(笑)とは言え、日頃の運動不足は学生の頃の比じゃないし、週末くらい躰を動かさなきゃマズい訳で。帰りは独りで近場のバーに入ってご飯食べて来ました。バーと言っても全然入り易いお店で、ご飯が食べたいって言ったら、サーモンと鴨肉のリゾットを出してくれて、それがもう物凄く美味しくて感動してしまいました。こんな美味しいリゾット出て来たの初めてだよ〜♪ってくらい美味しくて大満足。そう言えば、お通しもオクラと山芋のサラダでヘルシィだった。しかし、相手してくれたバーテンさんがやっぱり今月末までらしくて、微妙にお勧めはできないのでした。う〜ん、最近そんなのばっかりだな。人の動きが速い。そういうものなの? 私が1年ちょっと前までいた世界が、特異だっただけなのだろうか……。

 それにしても最近、日曜の朝は寝坊してばっかりです。マイメロとメルヘブンがやっとの時刻に起き出します。そう言えば、メルヘブンのオープニング聴く度に、「せめてこの人達が『超ワタル』の主題歌唄ってくれたら良かったのに」と、今更ながらに思います。ガーネットクロウだっけ? 少なくともこの曲に関しては、冒険のワクワク感がよく出てると思うし、何よりボーカルの声もとても素敵だ。超の主題歌って、もう思い出したくもないから余り覚えてないけど、物凄い棒読みの唄い方と、メルヘブンで言う『一人きりで旅立つ君を遠く見守っているよ』の部分みたいな一番ボーカルの実力が問われるべき部分で、壮絶に盛り下がる唄い方をしてくれてたもんで、いっつも音声を0にして耐えてたんだよな。最近はマイメロとメルヘブンのオープニング聴くのが楽しみです。エウレカセブンは早すぎて頑張れません。
posted by HOSHINA Shiho at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

SULTANE - Fairy Rose

 香水を集めるのに凝っていた時期があって、まぁ今でも欲しいものは時々買うのだけども。
 今回はジャンヌ・アルテスから出る新作が某サイトで先行販売されるという事なので、折角なので購入してみた。『SULTANE Fairy Rose』という香水で、その名の通り『SULTANE』と色違いのボトルデザイン。イメージとしては、ショパールの『WISH』と『WISH Pink Diamond』の関係に近いかな。でもってこのFairy Roseは、「Rose」なんて謳ってるくらいだから、当然薔薇の香りが入っている。とは言え、そこはジャンヌ・アルテスクオリティ。(笑)何だか妙にチープな香りに成り下がってしまっていた。残念。薔薇の香りの香水と言えばトレゾアとかブドワールとか、定番のものが幾つか思い浮かぶ。けれどあの辺はやっぱり高貴な感じだし、それにジャンヌ・アルテスの香水は全般的に香りが飛ぶのが速いので、どうしても安っぽい気がしてしまうのだ……。
 とは言え、既に売られている姐貴分のSULTANEの方は、実は結構好き。実際、今の家に越して来る時にこの香水を持って来なかった事はかなり後悔していて、実家に戻る機会がある度に持って来ようと思っていたのだ。まぁ、いざ実家に戻ると忘れてしまう――という事を数回繰り替えしていたところなんだけど。結局、今回の先行販売の際に一緒に安く買えたので、ついでに買ってしまった。
 SULTANEについては、何処のサイトでも書いてある事は似たり寄ったりなので、今更書かなくても良いと思うけど……。個人的には、かなり名前と香りの印象が一致する香水だと思う。スルタンに寵を受ける為に存在する、後宮のオダリスク達の生活を思い浮かべる。明るい陽光の下、一種頽廃的な雰囲気漂う女達の世界――。大奥のビザンチン帝国版っつーか。(笑)爽やかさはなく、とにかくセクシィで甘ったるい。でも、香水販売サイトで『ハーレム』とか『オダリスク』なんて言葉は一度も見かけた事ないので、もしかしたら私だけがそう感じてるのかも……。いや、いいのだ。本人のイメージの問題なのだ。
 とにかく、SULTANEの持つ濃厚なイメージの香りと較べると、今回のFairy Roseはいかにも陳腐でチープだと思う。しかし、こういう香りが好みの人もいると思うし、偶々私の肌につけると安っぽくなるだけかも知れないので、香水はやっぱり自分で試すのが鉄則です。
posted by HOSHINA Shiho at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 美容・化粧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

貴方にPhishing!(BlogPet)

きょう、クラブに関連するつもりだった? *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同人誌保持基準。

 原作より涙腺破壊力の高い同人誌ってのに、今まで何度か巡り会った事があります。無論原作の設定は至上なのですが、それを前提に、更に泣かせる話を描く方というのはいるものなのですよ……。そういうお話を読むと、幸せで仕方がありません。酷い時は、寝ても醒めてもその本の内容を引き摺る生活が何日か続いたりとか。そう言う事が、本当にある。
 同人誌については原作への思い入れも然る事ながら、その上に、独特の記憶や想いが被さって来るので、1冊毎に思い入れのある事が多いです。だから、一般の本より手放す率はぐっと低い。無論、上述の面白い同人誌は当然手放せないのですが、そうでなくても「このジャンルで初めて買った本」とか「『や■い』の意味を知らずに、初めて買った本」とかetc...そういう印象がある本については、やっぱり手放せない。また、「このサークルさんの本は全て買う!」という所謂『作家買い』に走ってしまうと、その作家さんの本は、ジャンルに全く興味が無くなったとしても、手放す事ができなくなります。
 そうやって同人誌というのは溜る一方なのですが、時々手放せる事も当然あります。私が我ながら驚いたのは、とある大手作家さんの本の殆どを売っ払った時。その作家さんは原作者さんとも仲の良い方で、実際絵もお上手でした。しかし、本に内容がなかったのです……。例えば1冊の本の半分以上がトークだったり、漫画が本当に行為だけしかなかったりとか。その行為もヌルかったりとか。なので、その作家さんの本については、「このカップリング、マイナだけど結構好きなんだよね」という異質なカップリングの本以外は全部売ってしまったのでした。絵が巧かったとしても、外周サークルだったとしても、何だか手を抜かれている本って、やっぱり手元には残りません。
 でも、そう言う事でもない限り、私の審美眼の元に集まった本は全て面白いと思います。だからやっぱり、蒐集した同人誌は減らせないのでした。
posted by HOSHINA Shiho at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

天雷の夜。(BlogPet)

迷惑だから辞めてく欲しいなぁ こうなったら精々 、堅気の御方々にスペースが見つからない事を願うしかないのかな…… とか思ってるの。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天雷の夜。

 東京は物凄い雷鳴で、雷が好きな私は22時過ぎ頃から雨戸のシャッタを開けて、稲光りを眺めていた。雷は地震なんかと違って家が倒壊する訳でもなし、屋内にいれば落ちたところで(機器は駄目になったとしても)身体的に被害を被る事は殆ど無い。目下の処私が恐ろしいのは地震と変質者ってところで、雷は好きな部類に入るのだ。ただ、どちらかというとお昼の方が「虹が視えるかも!」というワクワク感があって良いとは思う。
 とは言え、それがコミケの入場時刻に重なると話はまた別なんだな……。何で毎日晴天続きだったのにコミケの日に限って朝から雨……?まぁ数年前みたいに物凄い大雨じゃなきゃ何だって良いや。今年のコミケは『電車男』の影響で余計な客も多いっぽい。(現同僚でも旧知の知人でも既に何人か知ってるんだよね、そういうの……。)コミケに目的ジャンルもなく、オフ会的な意図もなく、何かの発掘の意志もなく――ただただ冷やかしの為に来場するのは、物凄く迷惑だから辞めてく欲しいなぁ。こうなったら精々、堅気の御方々にスペースが見つからない事を願うしかないのかな……。ヲタクはヲタクらしく日陰者でいさせてくれれば良いのに。

 まぁ、私の場合は今日の時点で戎島の最終話が掲出されなかった時点で、充分日陰者なんだがな。ふふふ……。まだ準備中です。でも今日はちょっとは寝てから出る予定なのだ。
posted by HOSHINA Shiho at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 同人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

駄目人間、堕落を好む。

 これぞ『THE 休日!』みたいな1日を過ごしてしまいました。1日中家から出ず、惰性に任せてブラウジング。それでもオンラインショッピングで本に香水、サプリメントと買い物だけはする……。後はサイトのマイナチェンジをちょっとだけ。食事はお腹が空いた時に好きなだけ……。
 しかし、多分こんな堕落した日々を送る事はこれから暫くはないと思われるので、まぁ良いかな、なんて。今日は銀行で済ませる用事が3件と、美容関連1件。それからイベント準備で買い物を3件。日用品の買い物も3件かな。ネイルも時間があったら、がっつり遊ぼうっと。どう考えても、今日だけで余裕を以て完了する気がしないスケジューリングですね。追い詰められないと物事ができない私は堕落を好む駄目人間。

 もう少しタイムマネジメントを頑張りましょう。
posted by HOSHINA Shiho at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

貴方にPhishing!

 Phishing詐欺が大流行りの昨今、必要なメールまで間違えて棄てちゃってた事に気付いた保科です。フィットネスクラブ行ったら想像以上に消耗してるし、ペーパーは結局手も付けられず自分の指にスカルプ2本着けちゃったし、今日の朝の会議で必要な資料、まだ手も着けてないし……。(おいおい何時だよ。)
 ぐあぁん、もう1日休み欲しいよぅ。なんか……休めてない。今週は3日間出勤すれば夏休みだけど、そもそも夏休はがっつりコミケだから全然休みじゃないんだよね……。それどころか年間の最大行事って言うか。7月も残業時間が60時間程度まで減って、周囲から見ると随分楽に見えてたみたいだけど、ぶっちゃけ普段よりよっぽどキツい1カ月だったしなぁ。

 今月中にやらなきゃいけない事も、既に幾つかPick Upされて来てるんだけど……量多すぎ。少なくとも、今日までにやらなきゃいけないサイトの更新関連、全滅。
posted by HOSHINA Shiho at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

闇の世界に。(BlogPet)

今後が楽しみだ と「アキ」 は、この前コミックバトンをやった時に状態とか言う訳で、この3人の計画 そのものは結果的に成功する この話、どんな話をしてみたら、この作品について解説してるブログが、人間とかを結論しなかったの♪ 顕で原文ママをGoogleにしても、検索結果的にセイとアキが自分達の生き方にどのような気がする 自ら、少年と中学生とか、迷路などしても 志穂たちが、ないから手元などっつり判る 結果ねりなたちが、人間と「アキ」 は、大嫌いや少年と、私の好きなタイプのハナシってのががっつり判る *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ねりな」が書きました。
posted by HOSHINA Shiho at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

異業種交流会とは?

 好きサイト様のブログを読んでいたら、 うっかりデスノのネタバレに遭遇してしまい軽くショックな保科です。
 ネタバレについては殆ど気にしないタイプなんで、大概気にせず読み進めてしまうのですが、デスノの場合は私の想像の斜上を行ってくれるので、時にショックだったりする。個人的に秋乃作品のネタバレは大体想定の範囲内なんですが。
 因にデスノの第一回目だけは、実はWJ本誌で読んだ記憶があります。偶々通勤電車で隣に座ってた学生が読んでいたので、横目で眺めてしまっただけなんだけど。(笑)「へぇ、ホラー漫画をWJでやるとはね」と興味津々でチラ見してしまったのですよ。絵も綺麗だったしね。所謂『DEATH NOTE』と同じ効力を持つノートを手にする話というのは、実は読み切りのホラー漫画とかではよく見るネタというか……少なくとも、ホラー漫画好きの私は既に読んだ事があったのです。だから、余計に興味を持った。以前読んだ漫画の方は読みきりでしたから、当然こんな壮大な話ではありませんでした。確か小心な善人の女子高生がプレッシャに負けて、最後は心を入れ換える――そういう話だった記憶が。ああ、寧ろその話は「物事が書いた通りになるノート」だったのかな。最後は死んだ人間が目の前で蘇生してしまい、ショックで主人公が発狂する話だったような。ノートに就ても、彼女はもう要らないからと棄ててしまうのだけど、結局人手に渡ってしまう。そういうラストでした。

 さて。昨日は、異業種交流会というものに参加して来ました。割とノリで参加してしまったので、大して期待はしてなかったのですが……感想はと言えば、玉石混淆。私がどちらに入るかはさておき、「へぇ、こういうビジネスもあるのね……」というのは勉強になった面もありました。ただ、会社を6ピタしてまで行く価値があったかどうかは疑問かも。せめて、もうちょっと遅い時間に始まると良かったな。異業種交流会に就ては、検索してみると関連サイトがいっぱい出て来ます。ネットワークビジネス関係者は参加不可と言う事になっているので、その辺は安心して大丈夫のようです。
posted by HOSHINA Shiho at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

スケジュールはテトリスで。

 週末に花火のお誘いを戴いているのだけど、コミケ前と言うだけで一瞬躊躇してしまう駄目さ炸裂の保科です。
 既に昨日から8月に突入している訳ですが、要するにそれってもう1年の後半も2カ月目に突入している訳で、何だか物凄い勢いで時が流れていて呆然とします。私は余りタイムマネジメントが巧い方ではないので、昨日も書いた通りスポーツクラブ入会の予定も1カ月がところずれ込んでるし、そもそも夏コミの原稿〆切りだって惨憺たるものだったし……自己嫌悪。
 だからと言って時間が停まる訳でもないので、マネジメントできないながらもテトリスのようにあちこちスケジュールを嵌め込んで物事を進めようとしているのだけれど。ホント、仕事に費やす時間が異常に多くて悔しいな。
 時々、物凄くプログラマに戻りたくなる時がある。職業プログラマじゃなくても良いのだろうけど。プログラムを書く時のようなクリアで効率的な思考で、物事に接したくなる。理想的なアウトプットをしたい。アウトプットが下手糞過ぎて哀しい。しかしアウトプットが巧く行ってないと言う事は、内部の処理そのものが非効率的になっているのだろう。ゆっくり考えたい。順序を追って。
 人が生きる事は、自らバグを産み、そのバグに対してエラー処理を繰り返す事のような気がする。一度バグ潰しに成功したら、更に大きなバグを産み出す。それを繰り返し繰り返し繰り返し繰り替えし。挑むように、自ら甚大な不整合を導き出す。

 ああ、こんな事考えてる私って暇人だなぁ。もう眠いや。  
posted by HOSHINA Shiho at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。